情報更新
ツイートの記録を停止しています

 

ツイート検索

 

@yohhatu
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
新規ツイートの取得を再開しました!取得再開にはログインが必要です。

Twilog

ツイートの記録を停止しています

このアカウントはTwitter APIの仕様変更の影響でツイートの記録を停止しています。
記録を再開するには、Twilogにログインしてください。

 

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

Stats Twitter歴
5,783日(2008/04/26より)
ツイート数
62,672(10.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2022年04月19日(火)6 tweetssource

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

ここ最近の自分のテーマとして"自分たちが活き活きと感じる状況を再定義する"というのがある。自分は活き活きと感じているんやろうか?というところが出発点で、それってどんな状況なんやろう?ってのを見つけようとしている感じ。

posted at 08:30:05

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

ある雑相で(中の人から見て)偉い人に「あんた、わかってへんでしょ?」ということを伝えるって外だからできることやなぁという話をしていた。

posted at 08:15:01

2021年04月19日(月)7 tweetssource

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

「なんで5点満点の3点だったのか?」を「どうしたら3点を5点に近づけることができるか?」という問いの形にするだけで出てくるアイデアがポジティブなものになる

posted at 08:30:10

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

ペアプロについて示唆に富む話が多い。最近いくつかのチームでペアワークを本格的に始めたからこのあたりを会話してみよ ペアプロを極めて最強の開発チームをつくる(1/4)ペアの組み方(翻訳)|TechRacho(テックラッチョ)〜エンジニアの「?」を「!」に〜|BPS株式会社 buff.ly/32mQ1eM pic.twitter.com/vi5ylcY8EX

posted at 08:15:05

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

マジにやっているとやっぱり何らか変わっていくなぁってのを何度も目の当たりにしている。「やりたいんですけど…」と言ってやらない場合は(当たり前だけど)変わらないわけで

posted at 08:15:01

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

ペアワーク(プログラミング)。よほど関係性が悪いチーム以外は別だけど、だと1,2回やると「やってよかったよね。なんでもっと早くやらなかったんやろ」という声が出ることが多い(食わず嫌い)

posted at 08:00:36

2020年04月19日(日)1 tweetsource

2019年04月19日(金)25 tweetssource

4月19日

@love_my4boys

ママリイ+TR🇺🇸☀️@love_my4boys

人にこうした方がいいよ、と言うのには、

You should do this.
You have to do this.
You better do this.

なんかよく聞くけど、強制感があって人は拒否反応を起こすので、

Here’s what I would do. 「自分だったらこうするよ」

と提案すると人は聞く耳を持つよ、とある教授が教えてくれた

Retweeted by yoh nakamura

retweeted at 22:03:30

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

えらく(昇格したとか)なったとかでPOに専任できなくなるってのはそこそこ見かけるパターン。昇格する側に「POとは?」がわかっているとある程度はカバーできるんだけど。 #DevKan

posted at 20:52:19

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

「ユーザーストーリーはどこまで書けばいい?」の答えの1つとしては開発チームとの会話のきっかけになる内容って言うようにしている #DevKan

posted at 20:43:00

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

だから最近関わっているあるPOには「お客様が読むヘルプやリリースノートだと思って書いてみましょ。その人達がワクワクするような感じで」と言っている #DevKan

posted at 20:41:58

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

「ユーザーストーリーが書けなかった」のところだけど、個人的には(利用者が読んでもらうことになる)マニュアルな感じで書かれているならそれはいいんじゃないかなって思う #DevKan

posted at 20:40:35

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

バックグラウンドやスキル的には向いているけど、情熱が(その時点では)そこまで高くない人がPOになった場合の支援のコツってのもあると思う。 #DevKan

posted at 20:38:56

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

「Scrumを始めるための準備」てホントに大事。そのための時間や場所を全然取れない中でやるとたいがい失敗する。うまく立ち上がっている現場ってこれを十分にやっていることがほとんど。 #DevKan

posted at 20:37:11

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

「改善チームに半年間サポートしてもらった」自分の仕事柄でも思うけどこれはそれなりに大きいと思う。外からの、識者による何かというのは「やってみる第一歩」をものすごく軽くしてくれるし。 #DevKan

posted at 20:02:57

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

一方で、Fun・Done・Learnはやったことやそれに対してみんながどう感じたか?を表明するにはすごく向いているんだけど、「ほな、次は何を実験する?」に対しては別の仕組みも必要だったりする印象 #DevKan

posted at 20:01:14

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

KPTは問題に着目しがちになる…ってのはたまに聞く。そうなりがちな面もあるけど、それはKPTへの理解だったりその場の進行の影響が大きいような気がする。Keepを(祝って)強化するためのTryという流れもあるし。 #DevKan

posted at 19:59:16

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

大きい言葉はそのままにするとだいたいうまくいかないので、具体的な言葉を見つけるのがいいと思う(だいたいそれで小さくなるし)。 #DevKan

posted at 19:56:43

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

なるほどなー。ここまで具体的な例などを書かないといけないかー…大変やけど丁寧にやるのが結果的に近道になるかな #DevKan

posted at 19:53:34

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

人を集めただけではその集団はチームとしてのパフォーマンスは発揮できない。発揮できるようにするためのいくつかのアクティビティが必要。そのアクティビティをいつ、どのように行うのか、そこに対するそれぞれの向き合い具合はどうか、あたりが大事になってくる。

posted at 08:15:00

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

「1on1を申し出制にしたら思っているより、申し出てくる人が少なかった」みたいな話を聞いた。たぶん「そんな話すことないよ」という感じかもしれへんけど、いざ1on1以外にすることがない状況になって問いかけや内省に集中すればいくらでも話すことは出てくると思う(そういう実験を次はしてみたい)。

posted at 08:00:17

2018年04月19日(木)9 tweetssource

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

ミスとかって個人の努力(だけ)ではどうにもならないわけで、チームや組織の仕組みを作ってどうにかする方向で考えて、そっちを実験する方が良い。それに実験した結果はそのチームのノウハウになるし。

posted at 07:45:02

2017年04月19日(水)9 tweetssource

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

どうしてもその場で意見が出ない場合、場にいるマネージャーなど偉い人に退席してもらってメンバーだけで話し合うというのも1つの手だわな。

posted at 08:30:08

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

「アイスブレイク」て(関係ベースよりも)タスクベースの場では役に立つかもしれないけど、関係ベースの場では不要かもしれないな。そもそも関係ベースならアイスブレイクが不要なほど関係ができあがっていることもあるし。

posted at 08:15:00

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

さてまたイロイロ時間の使い方を変えないといけなさそうやなぁ。これをうまくやれると違う視野が開けそう。

posted at 08:08:24

4月19日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

チームレベルでパフォーマンスが出ていないと感じるならば、原因の多くは個人よりもチームが所属する組織にあると思う。そういう場合、個人に対するフィードバックやトレーニングをしてもあまり効果がなく、組織に対するそれが必要になると思う。

posted at 08:00:45

このページの先頭へ

×