情報更新
ツイートの記録を停止しています

 

ツイート検索

 

@yohhatu
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
新規ツイートの取得を再開しました!取得再開にはログインが必要です。

Twilog

ツイートの記録を停止しています

このアカウントはTwitter APIの仕様変更の影響でツイートの記録を停止しています。
記録を再開するには、Twilogにログインしてください。

 

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

Stats Twitter歴
5,782日(2008/04/26より)
ツイート数
62,672(10.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2023年02月06日(月)6 tweetssource

2月6日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

"Story points are fine for collaboration and revealing assumptions. "や"Driving conversations around assumptions and estimating work are fundamentally different tasks. "ってまさにそうだなって思う Story Points are not the Problem, Velocity is buff.ly/3REajJx

posted at 11:50:00

2月6日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

いきなりよくわらない人たちの前でアウトプットを表名するのはそれなりに怖いのでスモールな安心できる場を作ったり、(すでにあるなら)それを見つけて活用することで、自分の考えを伝えて、相手の反応を受け取るという機会をたくさん持つといいんじゃないかなーと思った。

posted at 08:30:04

2月6日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

なんらかのアウトプットには、コミュニティやカンファレンスなどでの発表も含まれるし、さっきも書いたように日常的に自分の考えを話すのも含まれる。その際に一方的に話して終わりではなく、相手の反応などを受け取ることで、自分の考えやアウトプットをアップデートすることもできるわけで。

posted at 08:15:01

2月6日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

学ぶためには、インプットだけでなく、一定の時間(半分とか)を要約したりするなどのアウトプットすることに使おうとできるだけしているという話。毎回そうできるわけではないけど、誰かと自分が理解したことやそこから見つけた概念、考えを話すような場をつくるようにはしている。

posted at 08:00:00

2020年02月06日(木)10 tweetssource

2月6日

@yusuke_arclamp

鈴木雄介/Yusuke SUZUKI@yusuke_arclamp

技術的な問題と思われていることの大半は、人間的なことが要因。リスペクトの欠如、慣習への迎合、忖度、失敗への恐怖、盲目的な信仰、無責任な批評。どれもが技術が持つ力を弱め、形骸化させる。でも、だからこそ、人が変われば色々なことが解決できると信じてる。

Retweeted by yoh nakamura

retweeted at 08:30:13

2月6日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

定期的に思うこと。「◯◯(アジャイルでもTDDでもなんでもいいけど)をするのは難しい」といって、やらなくていいわけでない(無条件にするものでもないけど)。難しくても自分達が生き残れないなら、少しずつ取り組んでいく(取り組めるようにする)のが組織のリーダーの役目の1つだと思う

posted at 08:30:06

2月6日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

マルチロールにどうしてもなるなら(もちろんしないのがいい)、それへの影響を検査できるようにするとか仕組みを用意しておくようにすると良さそう

posted at 08:15:01

2月6日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

ある支援しているチーム。初めてのスプリントレビューだった。うまくできたこと、できなかったこといろいろあったけど、わかったこともいろいろあったらしい。印象的だったのは「このやり方、すごく楽しい」という言葉だった。まだ先は長いけど楽しみな現場の1つ

posted at 07:45:03

2019年02月06日(水)7 tweetssource

2月6日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

「こんな風に良いと思うなら、もっと早くこれをやっておけばよかった」とか思う時がある。けど、たぶんもっと早くそれを体験してもそこまで良いとは思わなかった可能性もあるわけで。今この瞬間に気づいたのが自分にとって良いタイミングだったと思えばいいんじゃないかな。

posted at 08:30:01

2018年02月06日(火)9 tweetssource

2月6日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

バーンダウンチャートの縦軸。残り時間のチームと残りのプロダクトバックログの数のチームがある(両方書いているチームもある)。(状況次第だけど)個人的に好きなのはプロダクトバックログの数を示したバーンダウンチャートかな。

posted at 08:15:01

2月6日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

2人で現場支援をするパターン良い。もちろん仕事のやり方などを学ぶことができるし、同じことを見ていても違う視点で見てもらえる。そして何より孤独になりがちなところが解消される。

posted at 07:30:02

2017年02月06日(月)21 tweetssource

2月6日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

「マネージャーのみんなに、"ボクのつもりでやってください"とお願いした」「判断の背景と思考プロセスを聞かせて欲しいとお願いした」 #DevKan

posted at 19:54:26

2月6日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

弱き者は去れとは言わないまでも「自分が否定されるのを怖くて、おかしいと思うことを言い出せない」てのはどうかと思う。もちろん言い出しやすいような場があるのは前提で。

posted at 19:30:04

2月6日

@kamonegi1977

まつたろう@island@kamonegi1977

ふりかえりって、日々継続していくのがいいなあって思います。で、単発のふりかえりの時はどうしたらいいのかなあ?って考えてる / “ギルドワークス中村さんに、現場にきていただきました ~プロジェクトをふりかえって組織で活かしたいの巻…” htn.to/gm7LhSP

Retweeted by yoh nakamura

retweeted at 12:41:44

2月6日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

タスク漏れやら見積もりをオーバーする癖がある人は、1つ1つの手順を面倒でも「他の人にお願いするレベルで書き出してみる」トレーニングをやると良いと思う。そうすると「自分がいかに分かっていないか」てのが見えるので。それを何度かやると書き出さなくてもできるようになると思う。

posted at 08:15:00

2月6日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

実験は簡単にサッとできないと進まないことが多い。そのためには何がわかればいいのか?を1つだけ選ぶのも手。

posted at 08:05:05

2月6日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

あるルールを軽く破ってみることで、そのルールが本当は大事かどうかわかったりする。本当に大事なら何かが起きたり、誰かが何か言ってくると思う。

posted at 07:55:01

2月6日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

古くから残っているから無条件で良い、だからやるのではなく、何のためにあってそれが今も必要かの再評価はした方がいいかな。

posted at 07:35:01

このページの先頭へ

×