情報更新
ツイートの記録を停止しています

 

ツイート検索

 

@yohhatu
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
新規ツイートの取得を再開しました!取得再開にはログインが必要です。

Twilog

ツイートの記録を停止しています

このアカウントはTwitter APIの仕様変更の影響でツイートの記録を停止しています。
記録を再開するには、Twilogにログインしてください。

 

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

Stats Twitter歴
5,785日(2008/04/26より)
ツイート数
62,672(10.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2023年02月04日(土)6 tweetssource

2022年02月04日(金)6 tweetssource

2月4日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

自分に感謝の言葉を伝える(=自分を大切に取り扱う)ことをしたり、他者にちょっとした感謝の言葉を伝えるっていろいろ良い影響がありそうなのよねぇ

posted at 08:30:06

2月4日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

その場を良くすることはその場の参加者全員の責務と同時に権利だと思うのよねぇ。責務って考えると「うっ」てなるかもしれないけど権利だともう少し気軽に「こうしてみない?」て言えないものかなぁと思っている

posted at 08:15:01

2月4日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

チームに新しい人がやってきたりした時に"わからないことがわからない"ので「わからないことはなに?」と聞かれてもうまく答えられないことがある。その場合には
わかった(と思っている)ことややったことを説明してもらい、そこからわかったことを話してもらったりするのも1つのアプローチやと思う。

posted at 08:00:38

2021年02月04日(木)7 tweetssource

2月4日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

組織の構造"だけ"をなんとかしてもうまくいくわけではなく、道を作ったり、その道を通りやすくしたり、実際に道を使ってもらうように促したり…などが必要なのよねぇ(とても時間がかかることだけど)

posted at 08:15:05

2月4日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

マネージャーMTGとかだといろいろ議題が持ち込まれて時間が足りないってことを時々見聞きする。どうせたくさん議論しても動けることは限られていることが多いので「本当に議論したい、変化したいことを1つだけ持ってくる」やり方にやってみるとどうかなぁって思う(という実験をある現場がやっている)

posted at 08:00:07

2020年02月04日(火)7 tweetssource

2月4日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

抽象度を上げると「自分がしないことを他の人にやってもらう時には相手の話をプロとして尊重して耳を傾けるスタンス」というベースが必要。もちろん相手にはプロとして矜持や技量が前提にあるのは当たり前。

posted at 08:30:04

2月4日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

ちょっとした言葉の使い方で場の雰囲気が変わることがある。POが発した「このPBIってプログラムとしては◯◯する"だけ"じゃないの?」の"だけ"という一言。悪気はないけど、ネガティブな反応(アクティブ、パッシブ両方)が出ることもある。

posted at 08:15:01

2月4日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

これはわかる。その一方で、全部作ってからでないと見せたくない開発チーム、見たくないというPO、ステークホルダーもいるので、そういう場合にどういう対話をするか、場をどうするかってのはいろいろ工夫している User Stories: What to Do When They Cannot Be Split buff.ly/2OgYbPf pic.twitter.com/nP6DjsDwfi

posted at 08:00:02

2019年02月04日(月)7 tweetssource

2月4日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

現場でペアワーク、モブワークが増えてきているんだけど、学生の宿題とかもそういうのになっていくんだろうか?(宿題の目的が課題解決ではなく"その人の知識の習得"であるならそれはアカンのかもしれへんけど)

posted at 08:30:09

2月4日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

人のやる気やモチベーションに大きな期待をしないで、やれる仕組みを整備するなど「状況を作る」ことにフォーカスした方がうまくいくことも多いと思う。

posted at 08:00:02

2018年02月04日(日)11 tweetssource

2月4日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

知識やスキルがあっても、「あり方」がなかったりぼんやりしているとうまく進まなかったりするよなぁ(もちろん「あり方」だけ立派でも知識やスキルがないと前に進まないんだけど)

posted at 21:55:10

2月4日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

「自己認識」と「セルフケア」て大事。自分が今どういう状態にあるか?を認識すること、そして「いきなり完璧にできなくてもいい」「できないから(自分は)ダメなんだ」て思わないこと。この辺のバランスを取って続けていくと良くなっていくと思う。

posted at 21:36:54

2月4日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

ただ、全員同席では”悪い行い”も伝染してしまうので、悪い行いを隔離したり、そもそも発生させないような仕組みもセットであることが全員同席の効果をより得られやすくするコツの1つだと思う

posted at 21:16:36

2月4日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

「全員同席」のプラクティスを考えると、同席することで情報共有などがスムーズになるというのもあるだろうけど、それと同じように”良い行い”が伝染しやすいということがあると思う。

posted at 21:15:33

2月4日

@yohhatu

yoh nakamura@yohhatu

「自分の目標を達成するために次の週にすることを相手に知らせる」みたいなことは、相手をガッカリさせたくないといった関係において機能するように思う。

posted at 21:14:02

2017年02月04日(土)22 tweetssource

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

このページの先頭へ

×