情報更新
ツイートの記録を停止しています

 

ツイート検索

 

@y1s
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
新規ツイートの取得を再開しました!取得再開にはログインが必要です。

Twilog

ツイートの記録を停止しています

このアカウントはTwitter APIの仕様変更の影響でツイートの記録を停止しています。
記録を再開するには、Twilogにログインしてください。

 

@y1s

神沼三平太@y1s

  • 427フォロー
  • 462フォロワー
  • 50リスト
Stats Twitter歴
5,213日(2009/11/17より)
ツイート数
986(0.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年08月30日(日)1 tweetsource

2019年11月27日(水)1 tweetsource

2011年12月31日(土)5 tweetssource

12月31日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel Iさんの話。父さんの運転する車でコンビニに寄った。父はIさんを残して薄暗い道路に路駐した。何気なく窓を見ると、助手席の窓に小さい子供が手をかけてこちらを見ていた。子供といってもテレビの砂嵐を人型に切り取ったような姿だった。目の部分を通して向こう側の景色が見えた。

posted at 18:45:28

12月31日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 祖父の葬儀の晩にCさんの処に祖父が現れ、「何も思い残すことは無い。何も心配してないから。ありがとう。じゃあな。おばあちゃんをよろしく」と言った。祖父の後ろの壁には柔らかい光を放つ三十センチほどの小さなドアがあり、祖父は次第に小さくなり、ドアに吸い込まれて消えた。

posted at 18:36:19

12月31日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 洗面所にいる父親に呼ばれたので、Kさんは何か用かと洗面所に顔を出した。すると、ひげを剃る父親の後ろに、父親よりも背が高く、普通の人間の半分ほどの幅の女性が立っていた。驚きの余り、指を差して大声を上げると、その女性は風呂の換気扇の中に吸い込まれるようにして消えた。

posted at 18:28:11

12月31日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel Hさんの修学旅行先の宿での話。夜中、自分の足側の壁をコンコン叩く音が聞こえた。隣の部屋の奴が悪戯しているんだろうと無視していたが、音は壁を伝って移動していく。廊下側の壁を経て、頭側の壁が鳴り始めたところで、同級生が「隣に部屋無いよな」と言い出して大騒ぎになった。

posted at 18:17:25

12月31日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel Eさんの飼っていた猫が交通事故に遭った。しかし遺骸にはお小遣いで買ってあげた緑色の首輪がなかった。家族で現場を探したが見つからない。数日後、その道の脇の畑で遊んでいると、猫の影がEさんの横を駆け抜けて消えた。消えた方向に向かうと、道にぽつんと首輪が転がっていた。

posted at 18:11:00

2011年11月11日(金)1 tweetsource

11月11日

@y1s

神沼三平太@y1s

@twnovel 風呂に大小幾つもの人形の首が浮いていた。絶句していると、パチンパチンと弾けていく。写真を撮ろうとドアを開けて洗面台の携帯を握りしめた。戻ると風呂にはひときわ大きな首が残っていた。慌ててシャッターを切ると同時にパチンと消えた。だがメモリが壊れて読み出せないという。

posted at 20:48:15

2011年09月14日(水)3 tweetssource

9月14日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel Hさんのお父さんが実父のお通夜の時に、せっかく親戚が集まったのだからと、祭壇の前で集合写真を撮った。「一枚め撮ります」「では続いて二枚目撮ります」と、連続して二回シャッターを押したが、現像されてきた写真は、一枚目が右半分真っ黒、二枚目が左半分真っ黒な写真だった。

posted at 11:43:24

9月14日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel Hさんのお父さんは、家族や友達と連れ立って箱根の大雄山に行くと、必ずご神木の前に並んで写真を撮ろうとする。だが、今まで一度も写真が撮れた試しがない。今まで五六回は行ったが、現像に出した写真返って来ず、最近ではデジカメの挙動がおかしくなって、やはり撮れないという。

posted at 11:39:55

9月14日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel Hさんのお父さんは写真が好きで、観光地などに行くと大量の写真を撮る。だが、嫌な気配のところを写そうとしても、写真が写せないという。フィルム式のカメラの際には、フィルムが真っ黒や真っ白に露光した。デジカメの時代になってからはシャッター自体が切れなくなってしまった。

posted at 11:36:19

2011年09月09日(金)1 tweetsource

9月9日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel Gさんがある時、後輩の彼女に手を出した。彼女は「やっぱり先輩、随分溜めてましたね」と笑った後で、「全部持っていきますから」と言い残して連絡が取れなくなった。Gさんはそれ以来一切女性に相手にされなくなった。「せっかく溜めたのに全部取られたわ」と愚痴っているという。

posted at 20:57:45

2011年09月08日(木)1 tweetsource

9月8日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 友人夫婦が遊びに来た時の話。夜も更けてきたので友人夫婦が帰宅するのを見送った。二人が出た後、マンションのドアを閉じ、何となく気になったので覗き穴から見てみると、二人の後ろに赤いワンピースをを着た女が立っている。えっと思い、ドアを再度開くと、友人達しかいなかった。

posted at 00:59:35

2011年09月07日(水)1 tweetsource

9月7日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel Jさんが長い間会っていなかった友人を夢に見た。夢の中で友人は赤ちゃんを抱いていた。朝起きて不思議に感じたので、その友人に電話をした。その時は通じなかったが、夜になって友人から電話が掛かってきて、今朝赤ちゃんが生まれたと伝えられた。朝の夢の事を話すと大層驚かれた。

posted at 02:33:28

2011年09月06日(火)1 tweetsource

9月6日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 改装前のサンシャイン国際水族館でのこと。Kさんが子供の頃、母親とクラゲの水槽のある部屋に入ると、部屋の端に、カーキ色の服を着た男が壁の方を向いて立っていた。あぁ、またあの人いる、と思った。同じ人が、別の場所にいることもあるから移動するんだなぁと思っていたという。

posted at 00:01:51

2011年09月04日(日)1 tweetsource

9月4日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel Yさんが友人の家に遊びに行った時の話。ベランダに男性がいた。家族の誰かかなと思ったので、友人に「外の人入れてあげれば」と言うと、怪訝な顔をする。ん? 別にいいのかな? と思ったが、やはり気になるので友人のお母さんに同じことを繰り返したが、再び怪訝な顔をされた。

posted at 23:57:58

2011年09月03日(土)1 tweetsource

9月3日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel Kさんの娘さんが幼稚園児の頃、買ってもらった人形の口に鋏を入れ、向かって右側の頬に向けて切れ目を入れた。Kさんが叱っても、これで良いのだと言って人形に執着した。だがある日街で身なりの良い老婆に人形に傷バンを貼ってもらうと、憑き物が落ちたように関心が消えたという。

posted at 21:05:19

2011年09月02日(金)1 tweetsource

9月2日

@y1s

神沼三平太@y1s

@twnovel Kさんが鏡を見ると鼻の穴から透明な紐がぶら下がっていた。気になったが触れられないので放っておいた。ある日霊感体質の叔母が遊びに来て、「何ぶら下げてるのよ」と言った。引っぱってもいいかと聴くので頷くと、紐を掴んで引きずり出した。顔の左半分がカッと熱くなったという。

posted at 20:49:06

2011年09月01日(木)1 tweetsource

9月1日

@y1s

神沼三平太@y1s

@twnovel Yさんは幼少時、蛙を捕まえて遊んでいた。捕まえた蛙はビニル袋に入れたが、空気穴を忘れたので弱ってきた。蛙を逃がすと、目前を大きな蝦蟇が横切った。追い掛けていくと、沼に飛び込んだ。続いて沼に踏み入れると足が動かない。慌てて蛙を虐めたことを謝ると。足が動いたという。

posted at 18:10:48

2011年07月26日(火)1 tweetsource

7月26日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 視える人であるYさんから聞いた池袋での話。激しく口論をしているサラリーマン二人が通りがかった。どこからか激しく笑う声も聞こえて来る。えっ?どこから聞こえてるんだ?と思って周囲を伺うと、二人のサラリーマンの頭上で心の底から可笑しそうにゲラゲラと笑う顔が浮いていた。

posted at 01:40:50

2011年07月16日(土)2 tweetssource

7月16日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel Yさんの友人は所謂見える人である。彼女が東池袋中央公園に一歩立ち入った瞬間、「首の無い男の人がいる」と呟いた。Yさんが驚いていると、「そこに首だけ三つくっついて浮いてる」と指差す。「ここ何かあった?」と聞くので、「昔は監獄だったよ」と答えると、納得した顔をした。

posted at 11:26:56

7月16日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel Oさんが中学の頃、日付が変わる頃、玄関に置いた鞄に携帯を忘れていた事に気づいて取りに行った。鞄を持ち上げようとすると、「ミーーー」「ミーーー」という男の声が聞こえる。何これと耳を澄ましていると、鍵も掛かっているはずの玄関のドアが、すっと音も立てずに開いたという。

posted at 11:21:33

2011年07月02日(土)3 tweetssource

7月2日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel ある女性の話。自分の父親のお墓を注文した帰り道に、胸に激しい痛みが走った。痛みが消えず、医者に行っても治らないので、日常に支障が出て困っていた。暫くしてお墓が完成したので見に行くと、石に刻まれた名前の文字が間違っていた。その文字を確認した瞬間、胸の痛みは消えた。

posted at 00:57:52

7月2日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 大塚駅の近所の神社の敷地内に、真っ青な姿をした男性がいた。こちらをじっと見つめ、身じろぎもせずに口だけを動かし、何か伝えようとしている。だが、声は聞こえない。その後神社が改築されて以降、姿が見えなくなったが、それまでは同じ姿で、寄る度に毎回それを繰り返していた。

posted at 00:38:47

7月2日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 都電荒川線大塚駅のすぐ近くの神社の前の坂道を通りがかる度に、赤い長袖の服を着たおかっぱ頭の女の子が横切る。夏場も同じ長袖の暑そうな服装で毎回横切っていく。じっと視ると、服の所々が焼けている。神社に訊くと、戦時中に焼け出され、逃げ切れなかったのではと答えたという。

posted at 00:28:37

2011年07月01日(金)4 tweetssource

7月1日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 友人に「視える」女性がいる。彼女が駅で「腕が落ちてる」と呟いた。何も見えないので、どうしたの? と尋ねると、「腕だけが落ちてるのよ。人身事故…だと思う。たぶん、腕だけでもその場所に執着があるのかも」と答えた。駅では時々そのようなパーツだけになった霊を見るという。

posted at 23:57:56

7月1日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 池袋駅北口から出ると、連れの女性が、黙ったまま高いビルの屋上に視線をやり、そのまま地上まで視線を動かし、またビルの屋上に目をやる、ということを数度繰り返した。どうしたのか聞くと、「まだ飛び降りるの繰り返してる」と言った。地上に落ちるとすぐに屋上に立つのだという。

posted at 23:45:54

7月1日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel サンシャインビルでバイトをしていた女性の話。終業後、ビルから出る時に、背後で鎖の音が響いた。振り返ると、二列縦隊になった囚人が、次々と角を曲がり、奥の闇に消えていくところだった。最後に右手に鞭を持った看守と目が合い、「殺される!」と思ったが、すぐに消えたという。

posted at 23:35:46

7月1日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel あるカップルが伊豆へ旅行に行った時の話。山道のトンネルに入る直前に、男の方が気分の悪さを訴え、「駄目だ駄目だ」と言い出した。「ここにここに」と窓の辺りを指差し、ガタガタ震える。トンネルから出た瞬間に正気に返ったが、「何かいたんだよ、でも……わかんない」と言った。

posted at 23:22:49

2011年06月25日(土)1 tweetsource

6月25日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 沖縄旅行の最中、ツアーで防空壕に入った時の話。列の最後尾で、外に出ようとすると、背後から小さな女の子に「まだ出ちゃい危ないよ」と呼び止められた。しかし、ツアーに女の子はいない。「大丈夫だよ」と答えると、「ふぅん」と声が聞こえた。周囲を見回しても、誰もいなかった。

posted at 00:39:36

2011年06月23日(木)1 tweetsource

6月23日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 男性が自販機で缶コーヒーを買い、商品を手に歩いて来て手前の角で曲がった。その間十五秒ほどだっただろうか。何となくその光景を見ていたが、一秒ほど目を閉じ、再び目を開けると、同じ男がまた自販機で缶コーヒーを買う所だった。戸惑っていると商品を手に男はまた角を曲がった。

posted at 13:17:03

2011年06月07日(火)3 tweetssource

6月7日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 子供の頃、夜、自室に入ると、常夜灯の豆球の明かりの下を、トンボが飛んでいた。えっ?と思って畳を見ると、いるわいるわ。サソリに蜘蛛、毒を持っていそうな虫ばかりが部屋を埋め尽くしていた。慌てて部屋のドアを閉めて母親を呼ぶ。母と共にドアを開けると、もう何もいなかった。

posted at 23:04:00

6月7日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 同じ店員さんの話。夜、横になっていると、部屋の隅に白い服を着た恰幅のいいおじさんが立っていた。目は彼のことを無視して前方を見据えている。服はカーネル・サンダースのようだ。腕には白い杖を抱えている。だが、頭は丸坊主で、両手の指先をずっとくしゃくしゃといじっていた。

posted at 22:58:13

6月7日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel あるバーの店員さんが子供の頃の話。布団に横になっていると、押し入れの襖が六十センチほど開いていた。中に黒いものが詰まっているような気がする。中をじっと見ていると、黒い影が溢れて来た。朧げに人の形をしている。まだ見ているとそれがこちらに手足をぐぅっと伸ばして来た。

posted at 22:53:16

2011年05月29日(日)1 tweetsource

5月29日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel Nさんは数年前から家に小さな男の子がいるのを目撃する。だが家族には見えず、Nさんに見えるのも、決まって体調の悪い時で、階段の下の狭い一角に現れて、静かな微笑みを浮かべながら、じっと見つめてくる。水色の和装でイガグリ頭、何年経っても歳を取らない。怖くはないという。

posted at 02:07:55

2011年05月25日(水)1 tweetsource

5月25日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel Uさんが仕事帰りに汗を流そうと銭湯に寄った。作業衣を脱ぐ。上半身が脱衣所の鏡に映る。さぁ、ひとっ風呂浴びるか。振り返る時に、鏡の中の自分の背中が真っ赤なことに気づいた。首を伸ばして確認すると、強く叩かれた時のような手形が一面に浮き出ており、一部は内出血していた。

posted at 11:50:50

2011年05月17日(火)1 tweetsource

5月17日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 家族で墓参りに行き、掃除していると、どこかの姉弟が墓石の上を渡って遊んでいた。注意すると、二人は素直に墓石から降りたが、すぐに姿が見えなくなった。広い墓地で見失うはずもない。驚いて探していると、二人が降りた屋根付きの墓に、ピンクと青の人形が並んで納められていた。

posted at 10:51:27

2011年05月13日(金)1 tweetsource

5月13日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 幼稚園児の息子が宙に持ち上がり、そのまま連れていかれそうになった。「連れていかないで!」と必死に手繰るようにしてその身を腕に掻き抱き、空中を見据えると、父の姿があった。汗だくで目を覚ますと、母から電話があった。「お父さん、いまし方亡くなったわ」との知らせだった。

posted at 11:16:31

2011年05月07日(土)1 tweetsource

5月7日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 運転中、後ろの席に座っていた同乗者が、走行中にも関わらず、身を乗り出して窓を掌で叩きだした。危ないっと声を上げながら車を路肩に停めた。彼女に説明を求めると、運転席の窓から女が入ってこようとしたので、必死に叩いて落としたのだという。掌には火傷の水膨れが残っていた。

posted at 01:19:03

2011年03月10日(木)1 tweetsource

3月10日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel Kさんが自宅の湯船に入っていると、左肩に水滴が落ちてくる。見上げても、別段水滴が溜まる部分がある訳ではない。気になったので普段と違う姿勢で湯船に入ったが、それでも左肩に水滴が降ってくる。どんな姿勢でも降ってくるので、あきらめて毎晩肩まで湯に浸かるようにしている。

posted at 14:35:57

2011年03月05日(土)1 tweetsource

3月5日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 後ろから追い掛けて来る軽のバンが気になって、バックミラー越しに様子を伺うと、運転席の後ろに六七人の人の影がこちらをじっと見ていた。怖いので路肩に停めてやり過ごした。案の定、バンは宅配便屋で、後部座席は荷物が一杯に積まれていた。人は運転手一人しか乗っていなかった。

posted at 00:36:03

2011年02月22日(火)1 tweetsource

2月22日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 大学生の頃の友人が、アパートの風呂から、さあ出ようという時に、先ほど体を洗う時に座っていた、洗い場のプラスティック製の腰掛けの下に、笑顔の女の顔がすっぽり嵌っていた。「これは見間違いだ」と何度も自分に言い聞かせて風呂を出たが、それからしばらく銭湯通いをしていた。

posted at 22:36:14

2011年02月10日(木)1 tweetsource

2月10日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 「出る」という都下の団地に、深夜探検に行った。十階の暗い蛍光灯の光る廊下を歩いていると、非常階段脇の角部屋のドアが大きく開いていた。中を覗くと、暗い中に月明かりに照らされて、裸の痩せた男が土下座していた。声を上げると、男は土下座の姿勢のままドアの方に滑ってきた。

posted at 13:55:47

2011年02月08日(火)1 tweetsource

2月8日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel Kさんが名古屋駅太閤口で見たもの。携帯で大声で話しながら歩いている五分刈りの男の後頭部に、使い込まれたおろし金が貼付いていた。あまつさえ、丸ごと一本の大根も浮かんでいた。それは空中で上下しており、おろされた大根は、男の足下に散ると同時に淡雪のように消えていった。

posted at 23:33:05

2011年02月07日(月)1 tweetsource

2月7日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel Aさんが友人の家でお茶を淹れようと、急須に電子ポットからお湯を注ごうとした。その時、電子ポットの横の部分にある湯量確認用の窓に目がいった。その窓の内側からセーラー服姿の女の子がこちらを覗いていた。鼻からは泡が出ていた。目が合うと、ごぼっと口から泡を吐いたという。

posted at 00:30:27

2011年02月06日(日)3 tweetssource

2月6日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 新宿の交差点で、信号待ちのバスの中から外を眺めていると、何台か前に停まっている白い乗用車の上に、青銅製の「考える人」が置かれていた。なぜ?と不思議に思っていると、信号待ちの車が一斉に発車すると同時に、「考える人」は、そのポーズのまま、台座ごと空高く上っていった。

posted at 02:40:49

2月6日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 宮古島での話。姉の旦那さんのお葬式が終わり、親戚を車で飛行場に送った後、Tさんは迷うはずも無い帰り道で、道に迷った。迷って行き着く先は、必ず港だった。何度コンビニなどで道を聞き直しても、必ず迷って港に出る。姉の旦那さんが、港で水死したのだったと思い出したという。

posted at 02:28:21

2月6日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel ある夏、Tさんが宮古島の姉の葬式に出た後のこと。そのまま家を空けておくと、亡くなった姉も寂しいだろうと、数日その家に泊まった。その夜、トイレのドアを、大粒の泪のような水滴が真っすぐ下まで伝わって消えた。水滴が付く場所ではなく、Tさんは姉からの伝言だと信じている。

posted at 02:19:11

2011年01月26日(水)1 tweetsource

1月26日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel Kさんが都内近郊の列車に乗った時の話。そこそこ混みあう中、立っている男の黒いセルフレームの眼鏡のつるに、白い何かが乗って動いている。最初は羽虫かと思ったが、よく見ると、身長三センチぐらいの細い体の小人が、フレームの上で手足を忙しなく動かして阿波踊りを踊っていた。

posted at 00:08:39

2011年01月25日(火)1 tweetsource

1月25日

@y1s

神沼三平太@y1s

#twnovel 神奈川県の大船駅近くの予備校での話。授業が終わり、教室のある三階から一階に階段で下りていくと、そこはまた三階だった。あれ?と思って首をかしげながら、また一階まで下りると、また三階。焦りながら五回ぐらい繰り返した。友達に声かけられて、やっとループは止まったという。

posted at 23:42:33

このページの先頭へ

×