情報更新
ツイートの記録を停止しています

 

ツイート検索

 

@shiminnokai21
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
新規ツイートの取得を再開しました!取得再開にはログインが必要です。

Twilog

ツイートの記録を停止しています

このアカウントはTwitter APIの仕様変更の影響でツイートの記録を停止しています。
記録を再開するには、Twilogにログインしてください。

 

@shiminnokai21

健全な法治国家のために声をあげる市民の会@shiminnokai21

  • 38フォロー
  • 2,908フォロワー
  • 237リスト
Stats Twitter歴
4,869日(2010/10/25より)
ツイート数
2,661(0.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2011年04月30日(土)56 tweetssource

4月30日

@nobuogohara

郷原信郎【長いものには巻かれない・権力と戦う弁護士】@nobuogohara

かたや「原発の絶対安全」、かたや「検察の正義」という神話の世界に依存し、神話維持のためであれば何でもしてしまうところも似ています。 RT @nobuyoyagi東電と検察って、似てませんか? 天動説で動いてるとことか、ほかに選択肢がないのを悪用してることとか 

Retweeted by 健全な法治国家のために声をあげる市民の会

retweeted at 13:37:08

4月30日

@TriggerJones42

Unknown@TriggerJones42

裁判所の判決書を読めば、民事・刑事を問わず、何が訴えられたのかは必ず分かる。訴えられたことに対する回答が判決書だからだ。しかるに、前田元検事に関する検審の議決書と申立書を読むと、前者は後者の「訴え」に全くと言っていいほど回答していないことが分かる。まずいでしょ、これは。

Retweeted by 健全な法治国家のために声をあげる市民の会

retweeted at 13:36:07

4月30日

@TriggerJones42

Unknown@TriggerJones42

@bn2islander で、前田元検事に関する議決では、小沢氏に関する議決の論法は全く窺えず、最高検が発表した報告書の論法に完全に依拠した「不起訴相当」の議決がなされており、いくら両方のメンバーが違うといっても、このアンバランスさはなんなんだという問題が起きるわけです。

Retweeted by 健全な法治国家のために声をあげる市民の会

retweeted at 13:36:01

4月30日

@TriggerJones42

Unknown@TriggerJones42

@bn2islander 小沢氏の起訴議決では「国民は、真相を知る権利がある」という、少なくとも私には理解困難な理由で起訴議決になってますね。つまり有罪・無罪を問わず、小沢氏を法廷に引きずり出すべきで、しかも国民にはその「権利がある」と。憲法にそんな権利はないんですけどね。

Retweeted by 健全な法治国家のために声をあげる市民の会

retweeted at 13:35:58

4月30日

@makomelo

おしどりマコ@脱被ばく。知りたがりの怒りんぼで半径5mを変えていく。@makomelo

やっぱし検察コワイな! @iwakamiyasumi 昨日、明らかになったこの決定、震災のドサクサに紛れてのこの卑劣 @shiminnokai21 前田元検事の特別公務員職権乱用罪についての申立に関して、「不起訴相当」の議決が出ました。bit.ly/ae3RDr

Retweeted by 健全な法治国家のために声をあげる市民の会

retweeted at 13:35:23

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

4月30日

@MagoFukuda

福田昭夫@MagoFukuda

「検察審査会」を告訴しよう!・・・RT @shiminnokai21: 日弁連から無作為に推薦を受けた弁護士から検察審査会事務局が選任しているのであるのだとして、その検察審査会事務局が検察の影響下にあるのであれば、どこまでも検察べったりの補助弁護士を選任することができます。

Retweeted by 健全な法治国家のために声をあげる市民の会

retweeted at 13:34:10

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

 

表示拒否

retweeted at xx:xx:xx

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

4月30日

@giovannni78

ポイントは@giovannni78

@shiminnokai21 法治国家は名目だけ。法律どおり運用してよいか、省庁に聞かないとわからない官僚治国家。法律の趣旨と反する運用の通達が省庁からだされ、そのとおりにしないと罰せられる。公務員に上司に対して発言や批判の自由がない。裁判判決理由は法律ではなく、裁判官の感想。

Retweeted by 健全な法治国家のために声をあげる市民の会

retweeted at 13:32:29

4月30日

@nobuyoyagi

Nobuyo Yagi 八木啓代@nobuyoyagi

むりやりに村木さんを有罪にすることが当時の特捜の目的だったとしても、証拠改竄までを「上」が指示したわけではない。だから前田が裁かれるとしたら、罪はその部分だけ。なおかつできるだけ軽く、というのが、最高検のスタンスであることはある意味当然なのだ。

Retweeted by 健全な法治国家のために声をあげる市民の会

retweeted at 01:58:30

4月30日

@nobuyoyagi

Nobuyo Yagi 八木啓代@nobuyoyagi

そのことがもっとも怖ろしかったと村木さんは後に語っている。自分が間違っているのかと思いそうになるほど、でたらめを整合しつじつまのあった複数の供述調書。つまりそれが「検察ストーリー」だし、それなしに信用性のない供述調書が整合性を持つことはあり得ない。

Retweeted by 健全な法治国家のために声をあげる市民の会

retweeted at 01:58:14

4月30日

@nobuyoyagi

Nobuyo Yagi 八木啓代@nobuyoyagi

上村氏の他にも村木さんの関与を示す供述調書は取られている。それらを利用して村木さんは逮捕された。では彼らはべらぺらと村木さんを罪に落とすようなでっち上げを、それぞれ自分から語ったのか。もちろん違う。彼の自白は強要されていた。だからこそすべての供述調書のストーリーは整合していた

Retweeted by 健全な法治国家のために声をあげる市民の会

retweeted at 01:58:09

4月30日

@nobuyoyagi

Nobuyo Yagi 八木啓代@nobuyoyagi

そこから狂っているとしか RT @ioio63: 前者の存在を刑事局長が認めることが異様。 RT : 去年の10月12日、国会予算委員会で最高検刑事局長が「冤罪には二種類あると言っている。無罪であると知りながら事件にする冤罪と、有罪だと思って事件にしたが無罪だったという冤罪です」

Retweeted by 健全な法治国家のために声をあげる市民の会

retweeted at 01:57:58

4月30日

@shiminnokai21

健全な法治国家のために声をあげる市民の会@shiminnokai21

さらに奇妙なのは、不起訴決定が出たのが12月24日という年末年始休暇直前(明らかに付審判請求をやりにくくするためとみられます)。今回は、申立書を1月11日に出しているにもかかわらず、震災があったとはいえ3ヶ月以上もかかっていることです。(通常1ヶ月から長くて2ヶ月と聞いています)

posted at 00:05:24

4月30日

@shiminnokai21

健全な法治国家のために声をあげる市民の会@shiminnokai21

小沢氏のケースにも言えることですが、「疑わしきは罰せず」の原則を踏みにじって、何の客観的証拠もないのに村木さんを長期拘束したほかならぬ前田元検事にのみ、この原則をもって、審理すらせず罰しないというのも、ダブルスタンダードこの上ない結論と言えるでしょう。

posted at 00:03:27

4月30日

@shiminnokai21

健全な法治国家のために声をあげる市民の会@shiminnokai21

小沢氏の検審起訴のケースについても、平均年齢の怪や補助弁護士の誘導が指摘されましたが、この場合、報道のバッシングがあまりにもすさまじかったということもあり、審査員が大手メディア報道にしか接していない人々であるなら、あの結論を出すことは、まったくありえないことではないという見方も

posted at 00:00:42

このページの先頭へ

×