情報更新

last update 02/24 12:11

ツイート検索

 

@nirvanaheim
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@nirvanaheim

にるば@nirvanaheim

Stats Twitter歴
5,420日(2009/04/25より)
ツイート数
338,241(62.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2023年11月19日(日)32 tweetssource

11月19日

@bootdale

ブート@bootdale

原町田駅といえば、先日、小田急町田駅と旧・原町田駅を結ぶマラソン道路(※)を見学してきて、歴史に思いを馳せて感動しました。町田、歴史を知ると楽しい町だ。
※マラソン道路:小田急町田駅と国鉄原町田駅がバカみたいに離れていたので通勤客が毎朝駆け足で走っていたという伝説的道路

Retweeted by にるば

retweeted at 00:18:23

11月19日

@bootdale

ブート@bootdale

ちょっと状況が理解できない動詞。>
buttonhole
【他動】〔人を〕引き止める、〔人を〕引き止めて長話をする◆【語源】立ち去ろうとする人の衣服のボタン穴をつかんで離さない様子から。

Retweeted by にるば

retweeted at 01:12:52

11月19日

@bootdale

ブート@bootdale

Etymonline先生はボタン自体を掴む説。>The verb, also buttonhole, meaning "to detain (someone) in conversation against his will" (1862) was earlier button-hold (1834), from button-holder (1806, in this sense). The image is of holding someone by the coat-button so as to detain him.

Retweeted by にるば

retweeted at 01:12:53

11月19日

@bootdale

ブート@bootdale

ボタン穴よりはボタンを掴む方がまだイメージしやすい。英国の昔のコートは掴みやすい位置にボタンがあったのかもしれない。そんなとこ掴むな、と思うが…。

Retweeted by にるば

retweeted at 01:12:55

11月19日

@nirvanaheim

にるば@nirvanaheim

OEDのbuttonの項によると、take xxx by the button とか hold one's button みたいな表現で(引き止めて)話し込むことを表わしていたということだが、執筆者は同節を「要」とか「弱点」みたいなイメージでまとめようとしていたらしい。

posted at 01:19:24

11月19日

@nirvanaheim

にるば@nirvanaheim

同節の一番始めの用例に挙げられているのは、シェイクスピアの『ウィンザーの陽気な女房たち』での、求婚者フェントンへの宿の主人評「he wil carry't, he will carry't, 'tis in his buttons, he will carry't.」だが、さしずめ「懐に収まっている(も同然)」というところだろうか?

posted at 01:28:13

11月19日

@nirvanaheim

にるば@nirvanaheim

次に引かれていたのは添付冒頭の文章なのだが、大北方戦争でスウェーデン王カール12世が1716年に境の町フレデリクシャルドを攻略しようとした時、市内を制圧し、ショーマー将軍をhad hold of one of his Coat-Buttonsして何か話していた際、未制圧の要塞から放たれた大砲の砲弾で将軍が死んだなる話。 pic.twitter.com/k7EwFeTHqz

posted at 01:37:22

11月19日

@nirvanaheim

にるば@nirvanaheim

それだけ近くにいたという比喩的な表現なのではないかという気もするが、まあ、相手のコートのおそらく前のボタンをもてあそべるくらいの距離感・関係性・状況というニュアンスがあるのは確からしそうである。(精神的な優位なりがないとできないからね)

posted at 01:40:08

11月19日

@nirvanaheim

にるば@nirvanaheim

でもまあこれも、ボタン自体は勘所とか要所とかいったニュアンスの比喩で、それが欠けているから……ということだろう。他の用例に「Fame ... is ... privileged to take the world by the button.」というのがあるが、これこそまさに「勘所」というニュアンスだろうし。

posted at 02:00:17

11月19日

@marukwamy

Aisanazman Marukwamy (愛沙奈まみ)@marukwamy

「新興宗教マネーが無いと職人の食い扶持が足りず日本の文化財修復技術の多くが失われる」という話を昔聞いて、じゃあ東欧の古い教会の修復とかどうするんと思ってたけど、必ずしも専門の職人がいるわけでもなく教会組織内か信徒の間で修復技術が伝承されててほぼ奉仕活動として続いてたりするらしい。 twitter.com/marukwamy/stat

Retweeted by にるば

retweeted at 02:10:55

11月19日

@nirvanaheim

にるば@nirvanaheim

まあ「信徒の間で修復技術が伝承されてて」と言えば良く聞こえるけど、先進国の「芸術」的視点だと、要するに素人作業ですよ。いつぞやのボルハ市のエッケホモ絵「修復」はたまたま程度の落差が激しかったので衆目を集めたけど、要するに絵心のある自信ニキ(ネキ)が「自分たちの聖画」を描いている。 pic.twitter.com/u2CT8o1Bc0

posted at 02:14:39

11月19日

@nirvanaheim

にるば@nirvanaheim

こういう聖画を先進国は「文化財」という概念で扱うから、文化財という財産(別に「文化遺産という財産」とかでもいい)が棄損されたという認識をするわけだけれど、まあ地域の現役信仰の家のシンボルを地域の人である現役信仰者が描くこと自体は普通にもっともな話ではある。

posted at 02:17:58

11月19日

@nirvanaheim

にるば@nirvanaheim

両ロジックは普段はそこまで衝突しないわけだけれど、当該の「文化財」が「観光資源」として活躍している時、ああいう(エッケホモ絵画とかの)事故が起こる時があると。

posted at 02:20:09

11月19日

@fladdict

深津 貴之 / THE GUILD@fladdict

日本は即座にサム・アルトマンに1000億張って、日本にシンopenaiを設立しつつ、MSと再度パートナーシップを結ぶというプレイがいいのではないか?
シンopenaiの株の5-10Paperぐらい、日本政府が持ってたら面白い

Retweeted by にるば

retweeted at 11:25:43

11月19日

@inaniwan

稲庭淳@inaniwan

断頭台のアウラは「お前の前にいるのは千年以上生きた魔法使いだ」に屈したけど、これがツイッターレスバトルなら「そういう古参マウントが横行するから魔法界は先細る一方なんですよね」議論に持ち込んで+1週間は学級会で戦えたはず。

Retweeted by にるば

retweeted at 16:59:32

11月19日

@nirvanaheim

にるば@nirvanaheim

先にアカウントパスワードを賭けたマウントバトルを宣言してなければそれができたかもしれないけど、アカウントパスワードを賭けたマウントバトルを仕掛けた以上はしょうがないね……

posted at 17:00:39

11月19日

@iiduna_yutaka

織部ゆたか@iiduna_yutaka

フランス本国の方はどうかしりませんけど、日本の創価学会とフランスのコミュニケーション省や、ヴェルサイユ宮殿美術館やオルセー美術館と協力して、美術展よくやっておりまして。

www.fujibi.or.jp/exhibitions/pr

www.fujibi.or.jp/assets/files/e twitter.com/CasseCool/stat

Retweeted by にるば

retweeted at 17:27:18

11月19日

@nirvanaheim

にるば@nirvanaheim

創価学会攻撃者はギュイヤール報告書の「セクト」リストを舶来兵器として使いたがるけど、当のフランスでは結局その後、周辺諸国やEUや米国にボコボコに叩かれたこともあって、「ギュイヤール報告書みたいにリストを作ろうとすること自体が無理筋でした」ということになって放棄されているのがな……

posted at 17:33:33

11月19日

@nirvanaheim

にるば@nirvanaheim

まあそもそも、ポスト・ギュイヤール報告書体制はオウム事件からのバックラッシュなので、あれから30年が経つ今となっては、共和国フランスの対宗教関心の主眼もすっかりイスラム教問題に移ってしまって、そういう徒花的時代もあったなという話に落ち着いてしまうな……

posted at 17:41:45

11月19日

@nirvanaheim

にるば@nirvanaheim

(創価学会自体が、世代が一世代丸々入れ替わって、折伏大行進世代が表舞台やこの世から去ってしまった、という変化もある)

posted at 17:42:31

11月19日

@nirvanaheim

にるば@nirvanaheim

昨晩の件、エルマルを「太陽を載せた馬」と表象することもあったということらしいし、おそらくこっちがオーランス人の太陽観の原型だよな。「太陽の近侍」「炉の守護者」エルマルの時点で、既にダラ・ハッパ文化の影響を受けて(部族の「統治」のモデルとして?)変容した後だったんじゃなかろうか。 twitter.com/nirvanaheim/st pic.twitter.com/cYWtsxxoca

posted at 18:27:52

11月19日

@_Ayukata

鮎方@_Ayukata

Grazer系のFeathered Horse Queenから担保されてKing of Dragon Passになれるのを考える。やはりDara Happaに由来するPure Horseの流れがTheyalanにもでかい影響を与えているんだと思う。

Retweeted by にるば

retweeted at 18:57:58

このページの先頭へ

×