情報更新

last update 03/05 23:37

ツイート検索

 

@nekonoizumi
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

Stats Twitter歴
5,160日(2010/01/19より)
ツイート数
446,492(86.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2024年03月05日(火)171 tweetssource

7分前

@yamashitayu

山下ゆ@yamashitayu

ご存知のように著者はリバタリアニズムを推しており、当然のようにカントへの評価は厳しいなど一定の癖はあるのですが、だからこそ各思想家の特徴などがよくわかるという面もあります。古典的な思想家の考えを改めて考え直してみるのにいいかもしれません。

Retweeted by 猫の泉

retweeted at 23:33:02

7分前

@yamashitayu

山下ゆ@yamashitayu

新書ブログ更新:森村進『正義とは何か』blog.livedoor.jp/yamasitayu/arc 同タイトルの新書に神島裕子の中公新書もありますが、ともにロールズによる正義論の復権に注目しつつも、神島本がロールズ以降の展開を描くのに対し、こちらはプラトンからロールズに至る西洋思想の中の「正義」のあり方をたどります

Retweeted by 猫の泉

retweeted at 23:33:01

16分前

@washou3956

みょんみょん@washou3956

なお、『古代文化研究』27号ならびに『年報中世史研究』45号掲載の論文の訂正情報についてはリンク先(○「犬橋満泰の出自について(拙稿見解の訂正)」、2022.10.10更新)を参照。犬橋満泰は将軍直臣の佐々木一族出身ではなく、山名庶流出身と訂正すると云々。researchmap.jp/blogs/blog_ent

Retweeted by 猫の泉

retweeted at 23:24:32

16分前

@washou3956

みょんみょん@washou3956

『古代文化研究』のHP、伊藤大貴「石見守護山名氏の権力構造とその変遷」(27号)、「古代出雲歴史博物館所蔵「信濃守為忠請文案」「佐波幸連請文案」について‐応永年間の出雲守護京極氏と国人」(26号)などが、いつの間にかPDF公開されていた。www.pref.shimane.lg.jp/life/bunka/bun
#こんな論文がありました

Retweeted by 猫の泉

retweeted at 23:24:24

25分前

@Custom_kun

カスタム君@Custom_kun

【イベント】#横浜税関 本関 #庁舎公開 では来場者特典として横浜3塔の日を記念したポストカードをプレゼント!アンケートに協力してくれた方には、結成70周年を迎えた横浜税関音楽隊の衣装を着たボクのポストカードをプレゼントするワン!音楽隊の衣装似合っているでしょ?🎺 #税関 #イベント twitter.com/Custom_kun/sta pic.twitter.com/WF0IZmosEm

Retweeted by 猫の泉

retweeted at 23:15:22

27分前

@BungakuReportRS

文学通信・無料論文紹介@BungakuReportRS

文化庁委託事業報告書 - 東日本大震災と方言ネット

被災地における方言の活性化支援事業【東日本大震災被災地方言の記録・継承のための調査研究2】を作成し、当HPでも公開しました。

www.sinsaihougen.jp/%E3%82%BB%E3%8

Retweeted by 猫の泉

retweeted at 23:12:58

33分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi


○プロトコルと書き込み――Lisa Gitelmanのメディア研究をめぐって(新倉貴仁)
○人文書と編集者――久保覚のエディターシップ(堀口 剛)

posted at 23:07:11

33分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi


○メディアミックスが支える〈保温〉状態のファン実践――「スレイヤーズ」を事例に(杉山怜美)
○メンズリブ研究会はいかにして活動の停滞を迎えたのか――機関誌『メンズネットワーク』に投稿された話し合いの場に関する判的記述を事例に(小埜功貴)

posted at 23:07:11

33分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi


○フード・アクティヴィズムの政治――社会変革の方法とその課題(安藤丈将)

○「性教育」としてのティーン雑誌――1980年代の『ポップティーン』における性特集の分析(山内 萌)
○民間放送の誕生と「放送の公共性」――電波監理委員会の記録から(立岩陽一郎)

posted at 23:07:10

33分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi


○食を物語るメディア実践――ハワイのオキナワン・コミュニティによる料理本の制作と「アンダギー」創り(土屋祐子)
○日本とブルガリアの架け橋――真正性を反映する「おばあちゃんのヨーグルト」(マリア・ヨトヴァ)
○食と農の「民主的」脱政治化(柄本三代子)

posted at 23:07:10

33分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

『メディア研究』104号 日本メディア学会 東京大学出版会 www.utp.or.jp/book/b10079738
目次あり。特集:メディアと食の文化、政治
○特集「メディアと食の文化、政治」に寄せて(岡井崇之)
○フードポルノにおける食のメディア化――フード・ネットワークから「映えグルメ」まで(長山智香子)

posted at 23:07:09

38分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi


4 経済建設・祖国防衛を訴える(菊池敏夫)
5 毛沢東の肖像画、言葉、詩(詞)(成田紅音)
6 各国反帝闘争支持を表明する(大里浩秋)

posted at 23:01:56

38分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

第2章 ポスター紹介
  新島氏収集のポスターについて(大里浩秋)
1 毛沢東の教えで思想統一を図る(孫 安石)
2 毛沢東の教えに従い文革に決起する(大里浩秋)
3 林彪が台頭、修正主義・劉少奇批判起こる(大里浩秋)

posted at 23:01:56

38分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次あり。「プロレタリア文化大革命とはいったい何であったのか? 本書は貴重な文革時代に宣伝の手段として最も盛んに使われた貴重なポスター(約140点)を紹介し解説する。…」
⇒大里浩秋編
『中国文化大革命ポスターを読む』
東京大学出版会 www.utp.or.jp/book/b10049730

posted at 23:01:55

43分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

第8章 皆勤賞という存在
1皆勤賞の消滅/2「ワークライフバランス」

第10章  入学試験における「欠席」
1大学入試の場合/2高校入試の場合/3その他の試験における欠席及び追試

第12章  「欠席」からみた戦後学校教育
1「学校は行かなくてはならない」という通念/2「学校を休むことは悪いこと」

posted at 22:57:33

43分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…多年にわたり教育相談に従事してきた著者がみた日本社会、はなはだしくは過労死にもいたる「皆勤」の空気と、それに囲まれた現代学校の姿を浮き彫りにする。」

posted at 22:57:33

43分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次あり。「学校に行かないことが不登校として「問題」だと言われるのはなぜか。身体を壊しても打ち込んだ部活動が「美しい」のはどうしてか。…」
⇒保坂亨
『学校と日本社会と「休むこと」 「不登校問題」から「働き方改革」まで』
東京大学出版会 www.utp.or.jp/book/b10049733

posted at 22:57:32

44分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…ミュージアムを設立した。本書はその設立に至るまでのプロセスを、構想はらデザイン・設計・施工までを詳細にドキュメントしたものである。」

posted at 22:55:54

44分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次あり。「2023年、福島県楢葉町と東京大学総合研究博物館が連携し、…」
⇒大地とまちのタイムラインドキュメントブック編集委員会編
『大地とまちのタイムラインドキュメントブック 楢葉町×東京大学総合研究博物館連携ミュージアムができるまで』
東京大学出版会 www.utp.or.jp/book/b10049738

posted at 22:55:53

45分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…基盤となる数理的知識から体系的に理解することを目指すデータ解析の決定版テキストである。」

posted at 22:55:02

45分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次あり。「研究・開発・売上分析・集客など様々な場面でデータマイニングは現代の必須ツールである。本書は、その基礎となる代表的な手法を、Pythonを用いて自分で実装し、…」
⇒森純一郎
『Pythonデータ解析入門』
東京大学出版会 www.utp.or.jp/book/b10049697

posted at 22:55:02

47分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…一般憲法学の成立・展開,第Ⅳ部では狭義の憲法学における自然法と実定法の交錯に関し,18世紀後半と現代の論者ごとの見解,さらに19世紀前半の一般ドイツ憲法学へと続く過程を扱う。」

posted at 22:53:10

47分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…ドイツ型立憲主義の基礎とするところにも現われ,いわば19世紀のドイツ憲法理論の原型を打ち出すことへともなる。

本書では第Ⅰ部において17世紀のドイツ憲法学の成立の事情および成立期の憲法理論の内容,第Ⅱ部は18世紀前半の自然法論,第Ⅲ部は18世紀末から19世紀初頭にかけての…」

posted at 22:53:09

47分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…その理論は,18世紀には一般憲法学において近世自然法論あるいは近世自然法論的要素を基礎とした自然法論的憲法理論へと発展を遂げる。その影響は,ドイツにおける立憲主義を基礎づけ,推進したところに現われただけでなく,君主と国民あるいはその代表とを二元的に対立させる構造が…」

posted at 22:53:09

47分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次あり。「17世紀初頭から19世紀初頭にかけてのドイツにおける憲法理論の展開を辿る。
17世紀初頭,神聖ローマ帝国の憲法が法律家により原理的・体系的に論究されることでドイツ憲法学が独自の学科目として成立し,…」
⇒栗城壽夫
『17・18世紀のドイツ憲法学』
尚学社 www.hanmoto.com/bd/isbn/978486

posted at 22:53:09

52分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…情報収集権として検討する。こうした情報開示を強制する以上開示内容の整合性を考えるべき点はないか、また開示にあたっての条件づけを検討すべき点はないのか。上場会社の情報開示の特例について検討するのが目的の一つである。」

posted at 22:48:40

52分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次あり。「上場会社の株主の情報収集権のあり方 
本書では、株主が会社に対して直接に情報を請求してゆくことができる会計帳簿資料、取締役会議事録、株主名簿閲覧謄写請求権、取締役の説明義務を取りまとめて…」
⇒草野考弘
『株主の情報収集権』
信山社出版 www.shinzansha.co.jp/book/b10079736

posted at 22:48:40

52分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…漢詩文十七編を書き下し、現代語化、解説することで現代に生き返らせた。また彰義隊士を主人公とする著者の創作、加えて司馬遼太郎作品の「彰義隊胸算用」批判を収録。」

posted at 22:47:48

52分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…旧隊士たちの手紙を解読することで彰義隊の実態と全貌に迫る!
元彰義隊士達からの手紙に加え、所縁の人々、戦友である新選組の近藤・土方の手紙、上野戦争で敵方だった西郷隆盛、江藤新平の書簡も読み解く。
付録として、今回新たに発掘された丸毛利恒の漢詩十二編と彰義隊に関わる諸名士の…」

posted at 22:47:48

52分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…ここに刊行!
正続併せた人物索引を付して彰義隊と明治維新の真実を伝える永久版!
彰義隊は明治期のマスメディアで「幕末の花」と謳われながら、大正以降、長きにわたり官軍史観によって幕末維新史の彼方に葬り去られた。
『彰義隊戦史』編著者・山崎有信の御子孫のもとに残された…」

posted at 22:47:47

52分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次あり。「秘蔵されてきた丸毛利恒、阿部弘臧、本多晋ら旧彰義隊幹部たちを含む100名の膨大な肉筆書簡を発掘。それらの原文を複写し、翻刻、現代語訳、解説を付した、『新彰義隊戦史』(2020年)の続編、…」
⇒大藏八郞
『彰義隊士の手紙 続『新彰義隊戦史』』
勉誠社 bensei.jp/index.php?main

posted at 22:47:47

54分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…「戦後の世界の建築界に大きな影響を与えてきたイタリアのスカルパは、1978年、日本で亡くなった。なぜ日本なのか。スカルパには日本に来る必然的な理由があった。その謎を知るにはこの一冊を手にするしかない」――藤森照信」

posted at 22:46:02

55分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…図版を70点以上収め、ビジュアル資料も充実。

フォークアートが混迷するアート界を革新する!」

posted at 22:44:57

55分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…そのうえで、祭りや神社・仏閣、郷土の遊び・ファッション・モノなど、生活に根づくアートを多くの図版とともに紹介する。

フォークアートを、多くの人々が協働し、時間をかけて磨き上げてきた集合知として位置づけ、現代社会に必要な「生の表現」として新生させるラディカルな試み。…」

posted at 22:44:56

55分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…作品が評価されることも多い。

そのような現代にあって、本書はフォークアートの視点や文化を再評価して新たな魅力を提示する。まず、柳田国男から柳宗悦、岡本太郎、赤瀬川原平へという日本のフォークアートの歴史をたどり、多種多様なフォークアートの実践をレクチャーする。…」

posted at 22:44:56

55分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次あり。「いま美術の世界は活況を呈していて、美術品が高額で売買され、美術展も多くの人々が訪れている。一方で、SNSなどによって様々な表現が入り乱れ、作家の個性を強調した…」
⇒笹井祐子,藤原成一
『フォークアート新生! 芸術の〈原点〉から〈先端〉へ』
青弓社 www.hanmoto.com/bd/isbn/978478

posted at 22:44:56

57分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…おっちょこちょいだけどやる気とマンガ愛に溢れるねこ学芸員が、ときに熱く、ときに冷静に、博士から教えを受けながら日々成長していく物語です。」

posted at 22:43:20

57分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…浮世絵から海外マンガ、数字でみるマンガ産業、拡大する電子出版…マンガをとりまくトピック盛りだくさんでご紹介します。

◎マンガとイラストを織り交ぜながら紹介!
本書の登場人(ニャン)物は、京都国際マンガミュージアムで働くことになった新人・ねこ学芸員と教育係のねこ博士。…」

posted at 22:43:20

57分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…ともに考える、マンガ研究の入門書!

本書は「マンガって何?」の問いに対してマンガの歴史や作り方、広がり方などさまざまな切り口で考える内容です。
意外と知らないマンガにまつわる疑問を考えることで、今まで感じていたマンガの魅力が何倍にもふくらみ、より立体的に楽しめるはずです。…」

posted at 22:43:20

57分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次あり。「マンガミュージアムが、マンガ愛を込めておくるQ & A 
今さら聞けないマンガの「?」を…」
⇒京都国際マンガミュージアム,京都精華大学国際マンガ研究センター編・監修/ホリグチイツ イラスト
『マンガって何? マンガでわかる マンガの疑問』
青幻舎 www.hanmoto.com/bd/isbn/978486

posted at 22:43:19

59分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…読書を続ける現在まで。忘れられない時間をありのままに切り取った、短篇小説のような読書エッセイ37篇。」

posted at 22:41:00

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…そして、現代語に残存する接続助詞「を」を取り上げ、その歴史の解明を通して、接続助詞的な「を」との関わりへと展開する。文法変化も視野に入れることで、格助詞「を」・接続助詞的な「を」・接続助詞「を」の連続性を論証する。」

posted at 22:40:16

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…本書はそうした時代の庶民の気分を、一個人が残した百五十冊のスクラップ帳から読み取れないかという試みである。」

posted at 22:38:17

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…ヘイトスピーチそれ自体の悪さは、話し手の意図にあるのか、言葉それ自体にあるのか、言葉において実行される行為にあるのか、あるいはその行為が惹き起こす結果にあるのか。言語哲学、法哲学、情報学、文学の学際的観点から、ヘイトスピーチと差別に関する問題の本質を究明する。」

posted at 22:35:57

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…連動している。政策に幅をもたせるという観点においても、平和学に端を発する紛争解決論という視座に目を向ける意味はあるのではないだろうか。」

posted at 22:34:57

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

第7章  国語科副読本・参考書等の充実―サブカルチャーの実態―
 1.課題の所在
 2.プランゲ文庫の実地調査
 3.国語教科書
 4.副読本
 5.国語教科書準拠の学習参考書・問題集等
 6.児童文学
 7.まとめ

posted at 22:32:48

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…日米双方当事者の協力・努力の足跡を、当時の文書(とりわけアメリカ側資料―GHQ/SCAP文書など)を読み解くことにより、その解明を試みる。」

posted at 22:32:48

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…さらにタイヤ踏面の修正を行う転削庫といったもので構成。本書はこれらの検修庫に密着取材した写真集で、建物の外観、庫内の様子やそこに設けられた設備類について詳しく解説しています。」

posted at 22:29:52

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…車輌基地を代表する存在の検修庫はレイアウトファンに特に興味深いものです。検修庫には用途、担当車種、そして基地の規模によってさまざまなものがありますが、基本的には定期的に交番検査を行う交検庫、台車検査や重度の整備や修理を行う修繕庫、運用前点検となる仕業検査を行う仕業庫、…」

posted at 22:29:52

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…日本各地の観光地がどのようにして形づくられたのか、観光文化を考え、探るという書籍です。パンフレットを地域ごとに分類して多数収載し、「大正の広重」と謳われた吉田初三郎ら名人の手になる見事な「鳥瞰図」をカラーで紹介してあります。年一冊のペースで刊行し、ようやく完結となりました。」

posted at 22:28:41

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次あり。「本書は、『日本の観光―昭和初期観光パンプレットに見る』(全5巻)の完結巻で、旅行後には捨てられていく運命にあった今では貴重な当時の観光案内を手がかりに、…」
⇒谷沢明
『日本の観光5 昭和初期観光パンフレットに見る 東北・北海道篇』
八坂書房 www.hanmoto.com/bd/isbn/978489

posted at 22:28:40

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

『戦略研究34 認知領域をめぐる戦略』
戦略研究学会 芙蓉書房出版 www.fuyoshobo.co.jp/book/b643457.h
目次あり。
○佐野元昭-昭代 19世紀南カフカース・ポントス地方に於けるオスマン帝国の安全保障の試み
○星野大輔 アメリカ陸軍の政軍関係規範 ―ウェストポイント卒業生の軍事専門職―
等々

posted at 22:27:07

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…文学ムック「たべるのがおそい」vol.4収録の「さくらんぼ」「雌牛事件」「フォン・ガイエン氏の夜の出逢い」ほか、かなしみにユーモアをまぶした切なく心あたたまる作品集。」

posted at 22:24:13

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…多くのフェミニスト、作家たちに影響を与えた彼女の、知られざる短篇小説名作集がついに邦訳!」
「収録作はオーストリアの村で生まれ育ったマルレーン・ハウスホーファーの少女時代を彷彿させる。共に暮らした人々や動物たち……そして、平和な暮らしを一変させる戦争の影。…」

posted at 22:24:13

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…肉まんが去年より小ぶりになってる…答えてくれる人たちにtel

清原が薬をやめ続けることを励みに今朝をする人がいる」

posted at 22:22:45

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「【収録歌より】

業務用コーンフレーク買って食べ切れなかったの良かったなって

ファイナンスのテーマソングを子どもたちが歌ってる bpmがすこし高い

汚れたしそろそろで洗うコンバース六月はすぐ乾くから夏 …」

posted at 22:22:44

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi


辻村七子「或る恋人達の話」
全身機械化手術が普及した革命後のフランスで、『ナポレオン法典EX』が愛し合うふたりの男を阻むーー

嵯峨景子「コラム 少女小説とSFの交点」
少女小説家たちが手がけたSFの歴史、コバルト文庫以降の少女小説とSFの交点を辿るーー

posted at 22:20:53

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi


雪乃紗衣「一つ星」
目を醒ますと少女の首には奇妙な頸輪があった。氷とオーロラの世界を歩むガール・ミーツ・ボーイの行方はー

紅玉いづき「とりかえばやのかぐや姫」
竹から生まれた美しい男と、帝の地位についた少女。私たちの知らない古代の異類婚姻譚(ファーストコンタクト)が物語られるー

posted at 22:20:52

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi


津守時生「守護するもの」
戦禍の果てに家族を失った少年は青年となり、美貌の相棒とともに宇宙へ賞金稼ぎに繰り出すーー

榎木洋子「あなたのお家はどこ?」
開発初期の地球型惑星に暮らす少女は、家出という名の小さくて大きな冒険へと旅立ったーー

posted at 22:20:52

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi


ひかわ玲子「わたしと「わたし」」
人がみな双子で生まれ出ずる惑星に、ひとりきりで生まれてしまった少女の運命はーー

若木未生「ロストグリーン」
天才作曲家の少年と彼を支える編曲家。ふたりの前に鎮魂歌の作曲を求める青年が現れたーー

posted at 22:20:51

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

〈収録作品〉
新井素子「この日、あたしは」
パーソナルAIとの共生が浸透した未来。地震で母を亡くした「あたし」に生まれた願いとはーー

皆川ゆか「ぼくの好きな貌(かお)」
人面犬に殺された妹と、人面瘡に蝕まれる姉。双子の姉妹に訪れた破滅(カタストロフ)の真相が明かされるーー

posted at 22:20:51

残り71件のツイートを見る

このページの先頭へ

×