情報更新
ツイートの記録を停止しています

 

ツイート検索

 

@mtandtk
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
新規ツイートの取得を再開しました!取得再開にはログインが必要です。

Twilog

ツイートの記録を停止しています

このアカウントはTwitter APIの仕様変更の影響でツイートの記録を停止しています。
記録を再開するには、Twilogにログインしてください。

 

@mtandtk

MATSUANDTAKE@mtandtk

Stats Twitter歴
5,728日(2008/06/26より)
ツイート数
41,235(7.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2022年04月05日(火)2 tweetssource

2021年04月05日(月)1 tweetsource

2020年04月05日(日)3 tweetssource

2019年04月05日(金)11 tweetssource

4月5日

@mtandtk

MATSUANDTAKE@mtandtk

シーモネーターからSEAMOへ変えて活躍を続ける改名スタイルは、その後に続いた多くの下品ネームの人々に道を示した意味で偉大だった。

posted at 23:40:30

4月5日

@mtandtk

MATSUANDTAKE@mtandtk

浜村淳「人によっては、本人と作品とは関係ない、作品に罪はない、言いますけど、そうじゃない。やっぱり、出演者の一人や二人が罪を犯したらね、そのまま堂々と公開するのは、はばかられるのが当然だと思いますよ」

posted at 08:58:18

4月5日

@mtandtk

MATSUANDTAKE@mtandtk

日本各地のローカル局のちょっと丸っこい新人女子アナ全員が元気な食いしん坊キャラを演じるよう命じられてるんだろうなと思うと少しだけ心が痛む。

posted at 08:09:41

2018年04月05日(木)4 tweetssource

2017年04月05日(水)12 tweetssource

4月5日

@mtandtk

MATSUANDTAKE@mtandtk

テレビドラマ版「ファーゴ」、シーズン1(マーティン・フリーマン)とシーズン2(キルスティン・ダンスト)、どちらも面白かったです。

posted at 12:25:45

4月5日

@mtandtk

MATSUANDTAKE@mtandtk

未婚化少子化についての記事を読み、どういう政策が有効か考える浜村淳。突然70年代の古いSF映画「赤ちゃんよ永遠に」をオチまで全部紹介し、「どうですか、こんな方法は」と政策を提案していた。要するに、政府は出産を禁止するがテレビでエロ画像を見せて欲情はさせておく、という提案だった。

posted at 08:43:29

2016年04月05日(火)13 tweetssource

4月5日

@mtandtk

MATSUANDTAKE@mtandtk

トランポリンには小柄な人が向いているという話題から、浜村淳「うちの女性ディレクター、十三を歩いていてストリップショーに出ませんかと声をかけられたそうですよ。うちのディレクター小柄でしょ。ああいうお仕事、小柄なほうがいいんですってね。…何の関係もない…それでは時間をお知らせします」

posted at 08:54:44

2015年04月05日(日)13 tweetssource

4月5日

@mtandtk

MATSUANDTAKE@mtandtk

ハーゲンダッツに対してコペンハーゲンの人達は丸亀製麺に対する丸亀市の人達みたいな感情があったりするのだろうか。

posted at 22:55:14

4月5日

@mtandtk

MATSUANDTAKE@mtandtk

“ボーデン社は、レディーボーデンを明治乳業のトップブランドとして販売することを契約の条件としており、明治乳業がアイスクリームブランドとして「彩 Aya」を立ち上げたことで競合することになり関係が悪化。ボーデン社が日本法人を設立し契約を解消した” 撤退→ロッテとのライセンス生産契約

posted at 22:38:40

4月5日

@mtandtk

MATSUANDTAKE@mtandtk

大型新人をブレイクへ導いた日本市場に特化したプロモーション戦略:雑誌の表紙、YouTubeにカバーバージョン、Twitterでプレゼント、グラミー後に来日

posted at 11:26:46

4月5日

@mtandtk

MATSUANDTAKE@mtandtk

「80年代のポップスが主流だった時代には、マイケル・ジャクソンやマドンナといったお茶の間にも親しみのあるスターが誕生した。一方、90年から2000年代にかけて米国を中心に主流となった、ブラックミュージック色の強い音楽は、日本人にはなじみにくかった。」

posted at 11:20:50

このページの先頭へ

×