情報更新
ツイートの記録を停止しています

 

ツイート検索

 

@mikionz
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
新規ツイートの取得を再開しました!取得再開にはログインが必要です。

Twilog

ツイートの記録を停止しています

このアカウントはTwitter APIの仕様変更の影響でツイートの記録を停止しています。
記録を再開するには、Twilogにログインしてください。

 

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

Stats Twitter歴
5,153日(2010/01/22より)
ツイート数
31,818(6.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年02月10日(水)4 tweetssource

2月10日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

街頭デモで物理的対決をしても、相手は命令系統の一番底辺にある機動隊員や兵士たち。防具で保護され武器も持ち、勝ち目はない。一方、現場で対峙すれば、「役割はがし」で相手の制服を脱がせ一市民に戻らせられる。ドラマ効果が大きいがそれは賭け。リスクが大きい。やはり在宅ゼネストがいいのでは。 twitter.com/mikionz/status

posted at 17:13:47

2月10日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

ミャンマー・カチン州の反政府武装組織カチン独立機構(KIO)の支配地域に住む友人によると、街頭デモはあまり起きていないがSNSでの抗議活動は盛んだとのこと。同じ州内でも政府支配地域では街頭デモは行われているらしい。つまりデモは物理的対決の行為。SNS付きの在宅ゼネストで目的は達するのでは。 twitter.com/mikionz/status

posted at 16:46:55

2月10日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

昨年11月の総選挙後のスーチーの与党・国民民主連盟と国軍の交渉の経過。交渉が決裂し国軍が実力行使。何とかして交渉の仕切り直しになって欲しい。アセアン各国と中国が中心になってそれを実現することを期待。ミャンマーの民主主義はアセアンにとっての公共財なのだから。rb.gy/lxtvir

posted at 09:43:46

2月10日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

あちこちの国に住んだ経験から言うと、マレーシアのペナンは住み心地の良さで世界でトップクラスだと思います(トップそのものかも)。地元の人々が満足して暮らしているし、日本人にも心地よいふんわりした空気があります。欧州系主体の国だと、個人同士が屹立しているのがちょっとしんどいです。 twitter.com/am32ma/status/

posted at 09:18:33

2021年02月09日(火)7 tweetssource

2月9日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

「アウンサンスーチー(の名誉)を破壊し軍部の犠牲者にした西側諸国を心底軽蔑する」とフィリピン外相。「米国など忘れろ!我々は中国とインドに話しかけ、原状への復帰ができないか、ビルマ民主主義の母を元に戻せないか協議する」 rb.gy/arjdzr

posted at 23:23:48

2月9日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

アセアン諸国が協力してミャンマーをクーデター前の状態に戻そうとフィリピン外相が提案!「今や私の仕事は彼女(スーチー氏)を原状復帰させること。権力者たちへの説得が可能かもしれない。原状に戻れるかやってみよう」rb.gy/rxirq4

posted at 22:38:53

2月9日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

おお、どうやらその女性は死んではいないらしい。しかし、脳死状態という情報もある。いずれにせよ、街頭デモで物的に治安部隊と渡り合えば、過去の流血の惨事の繰り返しではないか。

posted at 22:13:41

2月9日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

ミャンマーでとうとう死者が出てしまった。遠距離からの警察官の狙撃により19歳の女性が頭を撃たれて亡くなった。その直前はデモ隊と放水車を使う警察の間で乱闘が生じていた模様。物理力で対応したらねじ伏せられるのは分かっていたはず。街頭デモなしの自宅引きこもりのゼネストではだめなのか?

posted at 22:01:37

2月9日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

ミャンマーの多くの人々、特に若者たちが考えている戦略の図解。国軍に強い圧力を加えることは良いとしても、相手に退路を与えることも重要かと。「名誉ある撤退」を演出するために、中国とアセアンを中心とする国際社会による仲介・調停が必要だと思う。 pic.twitter.com/Ngj0H33gS7

posted at 10:56:33

2月9日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

ミャンマーについてこちらは中国の視点。日本の一部で見られる「民主主義諸国」と中国を対比させるゼロサム的な冷戦思考を批判。大変まとも。危機的状況にあるミャンマーを正常化する上での中国の役割に期待する。rb.gy/egci3z

posted at 10:21:24

2月9日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

ミャンマーの現状と今後について豪州的な視点。かの国の民主化について過去にアセアンを始め多くの国やNGO等が関わった。その成果である民主化を台無しにしないために、国際協力により、クーデター前のスーチー政権と国軍が交渉していた段階に戻らせることが落とし所と感じる。rb.gy/t8nyh5

posted at 10:03:41

2021年02月08日(月)1 tweetsource

2021年02月07日(日)5 tweetssource

2月7日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

1988年の民衆蜂起の時の学生運動の指導者ミンコーナインは、ミャンマーの民主化運動の伝説的な存在。アウンサンスーチーとは一線を画す。その彼もこの危機の中、民衆の反クーデター運動に加わった。一方、私の元友人のMZは、ロヒンギャへの対応からスーチーを口汚く罵るようになり、難しい立ち位置…。 twitter.com/IrrawaddyNews/

posted at 20:50:08

2月7日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

ヤンゴンでは今朝から人々が平和なデモ行進を続けている。映像はrb.gy/jclmmz 2007年のサフラン革命の時のもの。弾圧の死者は50名程度で1988年の蜂起の時よりもはるかに少ない。それでもこの映像の中の光景は見たくない。今回の危機はどうやって終わるか。国軍に引導を渡す人や国がいるか。

posted at 18:02:11

2月7日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

これもミャンマーのクーデターの企てに対し、インドネシア特にユドノヨ前大統領の役割に期待する論考。ミャンマーを巡って、インドネシアに代表されるアセアン諸国と中国の役割は、競合的ではなく相互補完的になると思う。rb.gy/jvmcyd

posted at 14:31:55

2月7日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

独裁者スハルトの時からインドネシアは東南アの平和創造者の役割を担ってきた。ユドヨノ(SBY)前大統領はとりわけ内外の紛争の解決に貢献し、ミャンマーの民主化に果たした役割も大きい。将軍出身ながら自国の民主化を完成させたSBYはミャンマーの国軍を説得できる立場にある。rb.gy/dh00mb

posted at 13:34:03

2021年02月06日(土)5 tweetssource

2月6日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

アセアンはミャンマーをまずメンバーとして迎え入れた後、外からは分かりにくいが効果的な方法で影響力を行使し、同国の民主化に貢献した。これまでの「投資」をフイにしないためにも、今回、この影響力行使のメカニズムを復活することが望まれる。rb.gy/xhb1sr

posted at 21:42:29

2月6日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

“Those who live a life of love or kindness worship the Lord God, because a life of love or kindness is his life. ”

Emanuel Swedenborg, Arcana Coelestia 1798

posted at 21:16:00

2月6日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

国連、アセアン、中国がミャンマーの国内状況に対しどれほど迅速に効果的に動くか。国連が状況をクーデター前まで引き戻そうとし、アセアンが東南アの民主化の流れは必然であることをミャンマー国軍に説得し、中国が両陣営の調停仲介を行う。そのような展開になることを願う。rb.gy/funzz1

posted at 14:18:54

2月6日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

FB、TW、Instagramの利用禁止にVPN使用で対処してきたミャンマーの民衆に対し、クーデター首謀者たちはネットサービスを遮断するという挙に出た。表現の空間が次第に狭められ、街頭デモが行われるように。これは軍に攻撃の口実を与えるとこれまで行われないできたのだが…。 pic.twitter.com/acuhSjOmbT

posted at 13:50:00

2月6日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

同感。海外特に東南アジアで日本人に必要なのは「切れない」練習かなと。不本意な結果に対し誰に責任があるか白黒つけない(職場改善などでどうしても必要でない限り)。結果を受け入れ次に進む(後ろではなく前を向く)。その際の気持ちの整理・切り替え。こだわることとこだわらないことの使い分け。 twitter.com/msialifejp/sta

posted at 10:05:50

2021年02月05日(金)10 tweetssource

2月5日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

同感。敢えて言えば、スーチー政権が国軍から利権を取り上げる過程でもっと賢い方法があったのではと思う。もちろん後付けの論理ではあるが。元々かの国軍はインドネシア国軍の二重機能(dwifungi)を参考に自らの利権を伸ばした。であれば民主化後のインドネシアの二重機能解体の経験が参考になりそう。 twitter.com/GruessGott2018

posted at 19:58:31

2月5日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

普段離れて暮らす家族がChinese New Year(春節)前夜に集まって行う伝統の夕食が、同じ屋根の下で暮らす家族同士でしかできなくなったことを受けて、”See you guys at pasar malam!” がマレーシアの新しい流行語となりつつある。その頓珍漢ぶりに国民統合省も見直しを呼び掛け。rb.gy/anq2pg

posted at 18:39:30

2月5日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

堀潤氏がヤンゴンと東京在住の2人のミャンマー人と行った会談はとてもいい。様々な市民的不服従行為やSNS等を通じ圧倒的な民意が示されている以上、「このクーデターは必ず失敗する」。また、「ミャンマーの人々は一枚岩だが、国軍は一枚岩ではなく意見が割れている」。rb.gy/4kwx2v

posted at 16:55:20

2月5日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

ミャンマーのクーデターはまだ決着がついていない。国際社会が国軍への圧力を強める中、国内では国民のほぼ全員がクーデターを失敗させようと各自の持ち場で戦っている。私など、マレーシアの安穏にあって自分の仕事やCNYの準備をしながらグローバル化の恩恵でかの国の人々と繋がることができる。 pic.twitter.com/jocM3Fhzex

posted at 14:16:00

2月5日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

@satayeater_ マレーシアは日本の夏よりもマイルドなので(←曇り空のことが多いし、豪州やNZの夏の皮膚に突き刺さるような日差しはないです)、特に日焼け止めとか必要ないと思いますし、虫としては蚊に刺されることくらいだと思います(ただし、隔離等のホテルによってはベッドに虫がいる可能性も否定できず)。

posted at 11:43:52

2月5日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

国連安保理でのクーデター非難声明を中国とロシアが邪魔したとしてミャンマーの民衆が怒っている。市民的不服従と国際的非難で国軍を窮地に追い込むことは重要だが、中・ロはその影響力を使って仲介・調停役として働ける位置にある。それには、中立の姿勢の方がいいと思う。rb.gy/fjyaal

posted at 10:41:06

2月5日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

軍当局は、街頭でのデモは言うまでもなく、鍋を叩く、車のクラクションを鳴らす、SNSを使うなどして反対を表明することを禁じたが、にも関わらず大規模な反対の表明は続いている由。ミャンマーの民衆の勇気に敬意。反対者の逮捕にあたる警官それに兵士の間で命令に従わない人々の数が増えてほしい。

posted at 00:41:46

2021年02月04日(木)5 tweetssource

2月4日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

政府系病院の間で始まったミャンマーの市民的不服従運動。rb.gy/6engm3 今後政府機関にどれほど広がるか。ゼネストになれば、国軍を動かす大きな力になりそう。ジーン・シャープ流の市民的不服従は敵を打ち負かすための手段だったが、今回のこれは両陣営の和解に繋がるかも知れない。

posted at 09:41:47

2021年02月03日(水)3 tweetssource

2月3日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

国内政治の機微を理解せず自分たちの価値観のごり押しで解決をはかる米欧と、仲違いの両者の間を取り持とうとする中国。アウンサンスーチーなしの政治をミャンマー国民は受け入れない一方、国軍にもふさわしい役割がある。この連立方程式をいかに解くか。中国の役割に期待。rb.gy/w1jegc

posted at 16:00:40

2021年02月02日(火)5 tweetssource

2月2日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

全盛期には、抜群の強さにもかかわらずマレーシア国内では正当に評価されていなかったペナン出身の「スカッシュの女王」ニコル・ディビッド。夏季オリンピックの翌年に行われる「ワールドゲームス」が歴代で最も偉大なスポーツ選手に彼女を選んだことは大変な快挙。rb.gy/tk7i0u

posted at 17:50:49

2月2日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

アセアン憲章に調印した以上、ミャンマーは民主化の流れにある。この中で自らのあるべき場所をまだ見つけられない国軍が、その政党であるUSDPの総選挙大敗で政治的に動くスペースが狭まり、窮地に陥りクーデター。民意は国軍から離反。相互に苦しい両陣営をアセアンと中国が和解に乗り出す道が見える。 twitter.com/501Awani/statu

posted at 11:38:39

2月2日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

中国から見たミャンマーの国内状況。rb.gy/rgecni アウンサンスーチーの中央政府と国軍の間の妥協と和解を進めると同時に、米欧が糸を引く「カラー革命」になることを防止することが中国の方針であることが窺える。

posted at 09:56:40

2月2日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

日本は長年アウンサンスーチー派で、ミャンマーの民主化に一定の貢献をしてきたが、国軍への影響力は不明。中国は、国軍を支援してきた一方、アウンサンスーチーとも良い関係を築いてきた。同国にとってミャンマーは、その「一帯一路」構想に重要。国内の両陣営の和解を進めるための動機も能力もある。 twitter.com/mikionz/status

posted at 09:34:24

2月2日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

アセアンで「内政不干渉」派がタイ、カンボジア、フィリピンで、「深い懸念」派がシンガポール、マレーシア、インドネシア。今年の議長国のブルネイは伝統的な「紛争調停国」。東南アで一番シニアな政治家としてのブルネイ国王がその手腕を発揮できるか。rb.gy/xgaa0r

posted at 09:20:43

2021年02月01日(月)5 tweetssource

2月1日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

1988年の民衆蜂起とその多大な犠牲者数があって、その後のアウンサンスーチーを象徴とする地道な民主化運動と国際的な支援の連帯があり、やっとあそこまでたどり着いたのに、この32年を超える努力が水泡に帰したとは思いたくない。かつて、マ国の人権NGOでこの国際連帯に参加していた者の一人として。 twitter.com/mikionz/status

posted at 19:56:59

2月1日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

国際社会の非難に対しアセアン諸国からの反応は弱い。シンガポールが懸念を表明したのが精一杯で、カンボジアは内政問題だと。昔ミャンマーのアセアン追放を示唆したマレーシアはどうか。アセアンが臨時の外相会議や地域フォーラム会議(ARF)を招集しても良さそうなものだが、今年の議長国はブルネイ。 twitter.com/mikionz/status

posted at 15:02:54

2月1日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

ミャンマーは民主化にもかかわらず、中央政府と国軍の二重権力構造が続き、国軍の文民統制がきかない。つまり、国軍は中央政府を自分たちのボスだと思わず、自分たちこそ国のボスだと思っている。そんな国軍首脳部を、アセアンは国防大臣会議等を通じてこれまで「教育」できなかった。 twitter.com/mikionz/status

posted at 10:53:14

2月1日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

選挙結果に不満をもつミャンマー国軍が実力で権力奪取しそうなのは、米国で選挙結果に不満をもつトランプ支持の軍部が実力を行使するシナリオとダブる。違いは、前者では選挙が民意表現の手段として有効なのに対し、後者ではそれに大きな疑義があること。選挙が民意を表現しない時、どうすればいい? twitter.com/mikionz/status

posted at 10:38:26

2月1日

@mikionz

Mikio Oishi@mikionz

ミャンマーでクーデターか。アウンサンスーチーら政府首脳部が拘束される。去年11月の総選挙でスーチー率いる与党NLDが大勝し軍を母体とするUSDPが大敗。選挙結果を認めない軍と政府の緊張が高まる中、今日が総選挙後初の国会開催のはずだった。流血の惨事にならないことを願うrb.gy/28urto

posted at 10:21:04

このページの先頭へ

×