情報更新
ツイートの記録を停止しています

 

ツイート検索

 

@michinara3
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
新規ツイートの取得を再開しました!取得再開にはログインが必要です。

Twilog

ツイートの記録を停止しています

このアカウントはTwitter APIの仕様変更の影響でツイートの記録を停止しています。
記録を再開するには、Twilogにログインしてください。

 

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

Stats Twitter歴
5,058日(2009/11/27より)
ツイート数
59,827(11.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2023年03月02日(木)26 tweetssource

3月2日

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

でも実家は豊平区だったような・・・
なんか南半球の地で日本の北の人に助けられた感があって、生き続けるのっていいなぁ~と思いました。まだまだ死にたくはない!神様はいろんなプレゼントを用意している。

posted at 02:40:32

3月2日

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

そのANAのカスミ・Sさんは清田高校だったそうです。シドニー生まれのカスミさんを知ってる同級生は、ある乗客にとってこんなに忘れ難い思い出になってることをおしえてあげて~レぺゼン清田区!彼女は春から復活する羽田⇔パースで忙しくなるそうです!もし誰かカウンターで会ったらヨロシクと!

posted at 02:04:55

3月2日

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

いろいろ思い出してきた。
CAさんが子供達が通路にこぼしているお菓子のかけらを箒で掃除していました。そんな飛行中に掃除しているところは初めて見ました。最後はコロコロを使っていて泣けました。JALのCAさん、あなたたちは悪くない。社のおしえがおかしいのだと自分は思います。

posted at 01:55:49

3月2日

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

結局は教育とかもあるだろうけど、個人の資質や職務への意識だと思います。カスミさんの上司はさっさと「もう明日ANA(に乗らないのであれば)と関係無いから、自分でなんとかして、みたいに帰っていきました😂
ちなみに飛行機はもう飛び立たない夜10時過ぎのことです。カスミさんありがと~~~!

posted at 01:49:18

3月2日

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

CAの方が自分に謝らなければ「オーストラリアの人は自由だなぁ」で終わっていたと思うのだけれど、CAが彼らに何も申せず自分に謝ってきたので、なにか違うんじゃないか、と思ってツイートした次第です。

posted at 01:45:11

3月2日

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

もし、フォロワーの方にJAL、ANAの方がいるのであれば、この話をしてください。JALにとってはこれからのCA教育の参考になるだろうし、ANAにとっては嬉しいでしょう。でも、各社のCA教育方針がどうのこうのではなく、基本的には人ひとりひとりの人間のありかただと思っています。

posted at 01:40:35

3月2日

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

そうそう、カスミさんのお父さんは長らくオーストラリアで寿司を握っていて、今は札幌にもどり「福禄寿」という店の寿司職人だそう。札幌あたりの皆さま、福禄寿でお寿司を食べて、カスミさんのお父さんにこの逸話を話してください。ちなみにカスミさんは僕が何者であるかまったく知らなかったです。

posted at 01:36:52

3月2日

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

今回もパースからシドニーに飛び、ANAの乗り換えに間に合わなかった時も勤務時間外であるにも関わらずANAのカウンターのカスミさん(シドニー生まれ幼稚園と高校は札幌育ち)は空港でのPCR検査場に案内してくれ、受け方もおしえてくれました。

posted at 01:35:34

3月2日

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

これは個人的なことですが、80年代、最初はJAL、ANA半々だったけれど、ANAに何かフレンドリーさを感じで90年代の終りからはずっとANAです。入国で問題が生じた時もANAの方は親身に付き添ってくれたり、CAの方が気さくに話しかけてくれたんです。(もちろん、自分がまったく無名の画学生の頃の話です)

posted at 01:33:30

3月2日

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

今回はとにかくビジネスクラスに乗りながらも、それ相応のリラクゼーションを得られなかった、それを承知で「すみません」の一言ですませたJALのお客さんへの意識が嫌だったんです。でも、そのオーストラリアの家族たちはCAの対応に充分満足したでしょう。彼らにとってはJALは高評価だったはずです。

posted at 01:30:42

3月2日

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

マニュアルはあるとは思うけれど、結局はCAひとりひとりの力量だと思う。自分が乗ったフライトのCAの力量が足りなかったのだと今は思っています。ANAの対処はいつも良くて自分は満足しているけれども、きっとANAのCAにも不満を抱くお客さんはいると思うし、JALに対して満足する人々もいると思います。

posted at 01:30:16

3月2日

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

加害者はたいてい相手を貶めるようなやりとりをしてしまっていることに気付かないものなのです。飛行機が羽田に着いて、自分は我先に飛行機を降りました。あんな不快な空間から早く出たかった。あのような子供達が登場している時の対処のマニュアルはどんなものなのか?とずっと思っています。

posted at 01:29:46

3月2日

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

さらにCAのリーダーらしき方が「すみませんでした」と言いに来て、自分はもう怒りが頂点に達しました。そう思うならば君たちは自分に謝るべきではなく、オーストラリアの家族に何か言うべきだったのではないか。

posted at 01:29:12

3月2日

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

JALのCAさんは離陸5時間後に「席を移動できますよ」と言ってきて、自分が「あと何時間で日本到着ですか?」と聞くと「3時間ちょっとです」と答えました。自分は「もう子供達の騒音にも慣れたので、それくらいなら大丈夫です」と答えました。でも、3時間経って調べるとあと2時間で到着だったんです。

posted at 01:28:02

3月2日

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

それが嫌でした。運航上の安全を考えてシートベルトの着用を説くべきだったのではないか?保母さんのようにシートベルトをしてあげて、席もたれを元に戻すとか、ではなく保護者や子供達に説くべきだったのではないか?と思いました。

posted at 01:26:18

3月2日

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

CAさんはそのオーストラリア家族に「公共の乗り物でのマナー」あるいは「通路にたむろしてはいけない」「マスク着用」などの推奨を言わなければならなかったと思います。それをひとりの乗客に謝ることで、その謝りをひとりの乗客が受け入れることで良しにしようとしたのです。

posted at 01:25:55

3月2日

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

子供たちはそんな感じでうるさかったけど、それはどうでもよかったんです。しかし離陸後5時間ほどしてJALのCAさんが席に来て「すみません」と言ったんです。その言葉に自分はカチンときたんです。つまり、自分ひとりが我慢すればいいのか?と。それまでは、仕方ないな~と思ってのに。

posted at 01:24:27

3月2日

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

でもまぁ、文化も違うし子供はどの国でもそんなもんなので自分は無視してました。でも、食欲は無くなって機内食にもほぼ手をつけず、ひたすら寝てました。

posted at 01:24:04

3月2日

@michinara3

yoshitomo nara / 奈良美智@michinara3

さて、JALで帰る羽田までの道のり。

同乗したオーストラリアの人々(大人男2女2小さな子供5)が、搭乗時から離陸時にシートベルトしない、マスクしないで、CAさんが保母さんのように対応してました。離陸後も子供たちは(ひとつの席に3人すわってゲーム、席を倒す)自由に振る舞い続けてました。

posted at 01:23:33

このページの先頭へ

×