情報更新
ツイートの記録を停止しています

 

ツイート検索

 

@decay_world
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
新規ツイートの取得を再開しました!取得再開にはログインが必要です。

Twilog

ツイートの記録を停止しています

このアカウントはTwitter APIの仕様変更の影響でツイートの記録を停止しています。
記録を再開するには、Twilogにログインしてください。

 

@decay_world

減衰世界@decay_world

  • 431フォロー
  • 87フォロワー
  • 5リスト
Stats Twitter歴
4,260日(2012/07/06より)
ツイート数
10,536(2.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2016年11月13日(日)18 tweetssource

11月13日

@decay_world

減衰世界@decay_world

【次回予告】
祖父の遺品整理をすることになった男の話。彼には、子供のころから大切に思っている異国の壺があった。その風景画に彼は魅せられていた……。過去作の加筆修正版です

次回「壺」

全18ツイート予定。実況・感想タグは #減衰世界 です

posted at 20:27:08

11月13日

@decay_world

減衰世界@decay_world

【用語解説】 【慣性を制御する魔法】
最も代表的なのは飛来物防護の呪文であろう。この系統の魔法は、対象物の質量が軽いほど、術者に近いほど、そして速度が遅いほど絶大な効果を発揮する。即ち、意識による物体移動の制御である。動いていないものを動かすのは別系統の魔法で、けた違いに難しい

posted at 20:16:15

11月13日

@decay_world

減衰世界@decay_world

「おじさんはどこへ行けばいいか分かるぞ。そろそろ昼飯の時間だからな……」
 建築物探知の呪文で帰り道を探る。ドイラは歩き出す。まばゆい緑の粘液を振り返って、視線を戻した。
「上へ参りまぁす」
 二人の目は変わらず闇の中で輝いていた。 30

posted at 20:06:36

11月13日

@decay_world

減衰世界@decay_world

_桜色の亀裂は静かに閉じていき、完全に闇に消えた。石油シルフは壁から滲みだしたまま、やはり静かにしている。儀式が終わったのだ。
「少年、いいものが見れたな」
「おじさん、僕を上まで連れてってよ。僕はどこへ行けばいいか……」 29

posted at 20:00:35

11月13日

@decay_world

減衰世界@decay_world

_それはすぐに分かった。壁から滲みだしていた緑の粘液。それはスライムではなかった。シルフだというのだ。粘液はぶるぶると震えて、声を反射した。
『我々は石油シルフ。どうぞ、よろしく……』
「石油シルフ!」
 鉱石シルフもいるのだから、石油シルフもいるのかもしれない。 28

posted at 19:53:57

11月13日

@decay_world

減衰世界@decay_world

_最近生まれた新しい仲間をシルフの眷属に加えるというのだ。そのための加入の儀式を執り行うという。
『シルフの統率にして風の生まれる場所、風神タジクの名のもとに……君を我々の眷属と認めよう』
 厳かな声。ドイラは周囲を見渡す。新しいシルフとは? 27

posted at 19:47:54

11月13日

@decay_world

減衰世界@decay_world

『シンデいただけないとは、とても残念なことデスガ、我々の儀式の証人になるには支障はアリマセン。見届けてクダサイ』
 どうやら必死の抵抗が届いたのか、殺すのはやめてくれたようだ。しかも、殺す必要はなかったらしい。
(悪戯ものめ)
 シルフは儀式の概要を話してくれた。 26

posted at 19:40:31

11月13日

@decay_world

減衰世界@decay_world

_恐る恐る見上げるドイラの目に映ったのは、緑の世界に蓋をするように上空に広がった、巨大な桜色の亀裂だった。まるで蜘蛛の巣のように細かい網目。
「逃げ場無し……か」
『お集まりイタダキ、ありがとうゴザイマス』
 シルフ語で話しかける低級シルフ。 25

posted at 19:32:33

11月13日

@decay_world

減衰世界@decay_world

「これは……」
 壁から滲みだした粘液が眩しいほど輝く。緑のモノトーンの世界だ。あちこちが星のように光り、闇を埋め尽くしていた。
「どうやら生贄に選ばれてしまったようだな」
「おじさん、上……」
 天井を見上げて絶句する少年。 24

posted at 19:26:49

11月13日

@decay_world

減衰世界@decay_world

_そのとき、光源装置の光が瞬き、急激に光量が落ちていく。
「しまった、残量が……」
「大丈夫だよ」
「そうか、君の暗視が……」
「おじさんの目、緑に輝いてる」
 ドイラは息を飲む。明かりが消えた。闇の中……緑の世界が広がる。 23

posted at 19:20:01

11月13日

@decay_world

減衰世界@decay_world

_光源装置で辺りを照らす。緑色の粘液があちこちの壁から滲みだしている。
「これは普通のスライムか……?」
 スライムにも無数に種類があるが、どれもこれも人間の役に立つために生まれた種族だ。計算に使用したり、情報伝達、食料、健康……色々だ。 22

posted at 19:13:22

11月13日

@decay_world

減衰世界@decay_world

_轟音。後に静寂。少年を抱えたドイラは魔法で慣性をコントロールしつつゆっくりと瓦礫の山に着地した。
 足場を自らの魔法で破壊し、より下の階層へと逃げ込んだのだ。
「おじさん、街を壊したね」
「放っておいても勝手に壊れた場所だ」 21

posted at 19:07:38

このページの先頭へ

×