情報更新
ツイートの記録を停止しています

 

ツイート検索

 

@OISHIHAJIME
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
新規ツイートの取得を再開しました!取得再開にはログインが必要です。

Twilog

ツイートの記録を停止しています

このアカウントはTwitter APIの仕様変更の影響でツイートの記録を停止しています。
記録を再開するには、Twilogにログインしてください。

 

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

Stats Twitter歴
5,135日(2009/09/03より)
ツイート数
38,068(7.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2023年04月04日(火)1 tweetsource

4月4日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

俳優の井浦新さんがInstagramで「南洋のソングライン」を紹介してくださいました。「一曲の古謡に折り重なるように潜む目には見えない分厚い価値がぺージをめくるたびに浮かび上がってきて心を揺さぶられました」という嬉しい言葉まで。ありがとうございます!
www.instagram.com/p/CqmmKVeLvVQ/

posted at 18:01:32

2023年04月03日(月)2 tweetssource

2023年03月29日(水)7 tweetssource

3月29日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

現在発売中の「ユリイカ2023年4月臨時増刊号 総特集=マヒトゥ・ザ・ピーポー」に「ディストピアの向こう側で鳴り響く『新しいトライブ』のリズム」というテキストを寄稿しています。過去のインタヴュー時の発言を引用しつつ、「Tribal/部族的」なるものに対するマヒトさんとGEZANの視点を探ります。 pic.twitter.com/4dFsECtRJU

posted at 13:36:06

3月29日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

48歳になりました。新大久保で韓国料理を食べまくり、ゴールデン街の松井文ちゃんの店で芋焼酎。たまたま居合わせた岡大介さんがカンカラ三線で一曲やってくれて、いい誕生日になりました。ありがたい。

posted at 00:16:43

2023年03月23日(木)1 tweetsource

2023年03月22日(水)3 tweetssource

3月22日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

この本、おもしろそう。積ん読の山がもう少し低くなったら買おう。/数十年の停滞ののち再起した、路上の巡回広告業ちんどん屋。大阪の路地裏、震災後の仮設住宅、脱原発集会など、様々な場に集う情緒、力、関係が、〈ヒビキ〉によってあらわになる。初のちんどん屋研究書。 www.amazon.co.jp/dp/4790717801?

posted at 23:47:41

3月22日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

来月再来月の京都、サリフ・ケイタとルーカス・サンタナとバラケ・シソコが集まるってすごいな。「KYOTOGRAPHIE 2023」、どこかのタイミングで僕も遊びに行きたいと思ってます。kyotophonie.jp

posted at 21:04:14

2023年03月21日(火)2 tweetssource

2023年03月20日(月)3 tweetssource

2023年03月19日(日)2 tweetssource

3月19日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

この週末は新潟県長岡市川口に伝わる天神ばやしという祝い歌に関する原稿を書いていた。この歌、十日町や小千谷でも歌われているのですが、昨日観たKIMIYA SATO MIKUSA BANDのライヴでリメイクされていてびっくり。佐藤さんは十日町でこの歌と出会ったみたいで、なんだか天神ばやし続きの週末でした。

posted at 22:48:38

3月19日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

昨夜は日本各地の民俗芸能や伝承歌をリサーチし、そのうえで新たな音楽表現を生み出そうとするKIMIYA SATO MIKUSA BANDのライヴに行ってきた。いやー、本当に素晴らしかった。なんというか、俄然勇気が湧いてきました。インスタのほうにレポート的なテキストをちょこっと書きました。 pic.twitter.com/np0Nqo0Iyg

posted at 14:33:47

2023年03月17日(金)2 tweetssource

3月17日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

大文字の「和/ニッポン」のイメージにまとめてしまうのではなく、慎重に各地域のリズムや物語に向き合おうとする姿勢は、現在公開されているいくつかの映像からも窺えるはず。あと、140文字に収めるため強引に整理しちゃったけど、「霜月神楽が原型」という表現は正しくないかも。

posted at 21:18:13

3月17日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

明日18日はずっと観たかったKIMIYA SATO MIKUSA BANDのライヴを観に渋谷・公園通りクラシックスにいきます。音楽家の佐藤公哉さんを中心に各地の郷土芸能をリサーチし、それを元に新たな音楽制作に挑むグループで、この曲は天龍村の霜月神楽が原型。19日は所沢でのライヴも! www.youtube.com/watch?v=sgPNVZ

posted at 21:08:30

2023年03月15日(水)3 tweetssource

3月15日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

今日も一日川越で花街関連の取材。元川越料理店組合長であり、物心ついた頃から芸者の置屋に出入りしていたという市野川さんに2回目のインタヴュー。川越小唄の話を中心にしながら、今では川越でもほとんど知る人のいない花街の暮らしについてじっくりお話を伺ってきました。 pic.twitter.com/YKDOLfZoYe

posted at 20:06:04

3月15日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

西馬音内盆踊りの端縫い衣裳同様、一枚の大風呂敷には多種多様な人々のさまざまな物語が繋ぎ合わされていて、それをアーカイヴという形で継承していくことにもまた大きな意味があると感じます。まずはクラウドファウンディングのページをご覧ください。

posted at 00:02:50

3月15日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

フェスティバルFUKUSHIMA!のアーカイブプロジェクトが始まっています。こちらのクラウドファンディングではフェスティバルFUKUSHIMA!の象徴ともいうべき大風呂敷を撮影したポートレートブックとドキュメンタリーDVDの費用を募っています。続
motion-gallery.net/projects/pjfbook

posted at 00:00:31

2023年03月14日(火)2 tweetssource

3月14日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

昨夜下北沢SPREADで韓国からやってきたJOYULやJIYOUNG WIのライブを観た。彼女たちがどれぐらい意識しているのかわからないけど、奏でられるドローンやノイズに彼女たちが生きる地の風土が宿っているように感じられて、やっぱり自分でもライブや音源制作をやってみたくなってしまった!動画はJOYUL。 pic.twitter.com/xt4Z6t7poE

posted at 00:49:09

2023年03月13日(月)2 tweetssource

3月13日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

今日はTHA BLUE HERBのBOSSさんのにインタビュー。BOSSさんにはこれまで10回以上取材してると思うけど、今度出るソロアルバムの話を聞いていたら気持ちが高まってしまい、初の2ショット写真をお願いしてしまった。BOSSさんと話していると、TBHのただのファンだった20数年前の自分に戻ってしまう。

posted at 21:47:10

2023年03月12日(日)2 tweetssource

3月12日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

明後日取材するTHA BLUE HERBのBOSSさんの新作ソロを聞き込んでいたら、いつの間にかこんな時間に。細かいことは原稿に反映するつもりだけど、これは本当にすごいアルバムだ。僕はBOSSさんみたいに仲違いした相手と和解できる気がしない。

posted at 04:05:04

2023年03月11日(土)3 tweetssource

3月11日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

祖母はいつも「こないだの戦争」という表現をしていた。湾岸戦争でもベトナム戦争でもなく、太平洋戦争のことを「こないだの戦争」と呼んでいたのだ。そんな祖母の言葉に直に触れることができて、本当によかったと思う。

posted at 16:08:06

3月11日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

先日なぜか気になってその音声を安全な場所に避難したところ、その翌日音声を入れていたハードディスクがクラッシュ。祖母の声はぎりぎりのところで消失を逃れた。虫の知らせというか、こういうことってあるんだなあと。東京空襲のことを考えると、戦争体験者である祖母のことを思い出してしまう。続

posted at 16:05:24

3月11日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

7年ほど前、ふと思い立って大正生まれの祖母に2時間ほど話を聞いたことがある。野方(東京都中野区)の農家で育った祖母の記憶はどんな郷土史にも載っていなかったもので、その音声は僕にとって宝物だった。その後、祖母は他界。続

posted at 16:04:01

2023年03月09日(木)6 tweetssource

3月9日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

次のDJは3月21日(祝)。道玄坂の良心、渋谷TANGLEのマイケルさんのバースデイパーティでやらせていただきます。マイケルさんからのリクエストもあり、この日は民族音楽とダブなどを混ぜたセットでやるつもりです。メンツもいい感じなので、マイケルさんと面識ない方もぜひ。 twitter.com/tangle_bar/sta

posted at 20:49:52

3月9日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

内田さんの取材、いつかやってみたいと思ってたけど、この記事があればもう僕がやる必要はないかな。20代の書き手の方によるロングインタビューは読んでみたいけど。

posted at 14:41:13

3月9日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

この取材記事、めちゃくちゃおもしろいです。DRY&HEAVYやLITTLE TEMPOからGEZANまで、 30年にわたる内田直之さんのDUB人生を掘り下げた良記事。機材についても詳しい河村祐介くんだからこそ書けた記事だと思います。スタジオがある旧藤野町まで行ってるのもポイント高い!
www.newdubhall.com/interview/naoy

posted at 14:38:28

2023年03月07日(火)3 tweetssource

3月7日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

自分の心身を守るため、明日は一日休日にした。仕事関係のメールも電話も取らず、楽しいこととくだらないことと猫のこととルセラフィムのことしか考えない。

posted at 03:39:51

2023年03月06日(月)3 tweetssource

3月6日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

月刊「東京人」の4月号は現在発売中。僕の連載「まちの記憶、音の風景」の今月のテーマは「銀座」。地名の由来となった銀貨幣鋳造所の作業音、天秤棒を担いだ水売りの声、能楽四家の屋敷から漏れ聞こえる音。そうした音のレイヤーへとイマジネーションを広げてみました。www.toshishuppan.co.jp/tokyojin pic.twitter.com/wMMncuvOB0

posted at 17:57:47

3月6日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

このプロジェクトに参加したことで、今後特定の地域に入っていく際の自分にとっての指標のようなものができたのではないかと思います。沖縄県立芸大の呉屋さんはもちろん、今回のプロジェクトでお話を聞かせていただいたみなさんのおかげです。本当にありがとうございました!

posted at 13:18:21

3月6日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

昨日は沖縄を舞台とするアーティストインレジデンスプログラム「『複数形』のオキナワを聴く」の公開ディスカッションに参加。VIDEOTAPEMUSICさん、沖縄県芸の向井大策さん、桜井祐さんと共に有意義な話ができました。以下からお申込みいただければアーカイブを視聴可能です。docs.google.com/forms/d/e/1FAI pic.twitter.com/QWBirTB52I

posted at 13:16:36

2023年03月04日(土)2 tweetssource

3月4日

@OISHIHAJIME

大石始@OISHIHAJIME

明日5日、昨年から関わっているアーティストインレジデンスプログラム「『複数形』のオキナワを聴く」の公開ディスカッションが開催。僕も参加します。出演はVIDEOTAPEMUSICさん、沖縄県立芸術大学の向井大策さん、司会は桜井祐さん。オンライン配信の参加申し込みはこちら↓
www.aminaosu.com/program/listen

posted at 17:10:07

2023年03月02日(木)1 tweetsource

このページの先頭へ

×