情報更新

last update 02/23 21:20

ツイート検索

 

@HayakawaYukio
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

Stats Twitter歴
5,221日(2009/11/09より)
ツイート数
175,621(33.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2023年11月30日(木)1 tweetsource

2023年11月29日(水)16 tweetssource

11月29日

@shinichirofstar

ふじしん(星のソムリエ®︎星空案内人)@shinichirofstar

@m_roadster 先日、私も似たようなタイムラプスを撮ったことがあり、アマチュア天文仲間にも見てもらったところ、スターリンク衛星群のフレアではないかと言われました。
星ナビ12月号にも同様の写真が出ているようです。 twitter.com/shinichirofsta

Retweeted by 早川由紀夫

retweeted at 07:12:25

11月29日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

スターリンク衛星は打ち上げてから数日は数百キロの広がりだから列車のように見える。数週間後は数千キロに伸びるからこの写真や動画のように見えるのだろう。地平線すれすれだから深夜でも見えた。地球のすぐそばを周回しているから、真上に見えるのは日没後と日出前だけ。宇宙ステーションと同じ。

posted at 09:00:37

11月29日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

第一火口と第二火口には閉じた等高線がある。山頂側に傾斜した斜面があるということだ。しかし、第三火口にはない。御殿庭にもない。氷河がつくったモレーンだからその向きの斜面が形成されない。その代わりに排水溝がある。 pic.twitter.com/IEGWAPvxNm

posted at 12:40:30

11月29日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

▼法令に基づく火山の立入禁止。災害対策基本法63条警戒区域。私が把握しているものに限る。
・浅間山、半径500メートル
・御嶽山、半径1キロ?(10月から7月まで)
・桜島、半径2キロ?

posted at 13:31:50

11月29日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

屋久島沖での迅速な救助活動を見ていると、2014年9月27日の御嶽山噴火でなぜこれができなかったのかと残念に思う。今日の墜落は14時すぎだったという。御嶽山噴火は12時前だった。その日のうちに救助ヘリが飛べば助かった命が複数あった。

posted at 17:22:25

 

表示拒否

retweeted at xx:xx:xx

2023年11月28日(火)10 tweetssource

11月28日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

@YukaOgura ただ、冷却固化する過程でなにか起こるか、地表に出るか(すなわち噴火か)は、否定的です。静かに固化するでしょう。もう一度、11月10日みたいにやる気を出せば噴火に至るでしょう。やる気が何なのか具体的にはわかりません。

posted at 05:57:56

11月28日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

東京の台地を厚さ10mほどで覆う赤土(ローム)の中に富士山の火山灰粒子が入っていることを否定しない。水洗いすれば簡単にみつかる。でも、赤土が富士山噴火で降り積もったと結論するのは間違いだ。赤土の厚さで富士山噴火を把握できない。赤土は、毎春の風で飛ばされて草地に積もった風塵でできた。

posted at 06:50:36

11月28日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

赤土の上には黒土(クロボク)が厚さ1mで重なる。黒土に過酸化水素水に浸してひと晩おくと赤土になる。黒土は赤土に腐植が加わったものだ。腐植は草原植生でできる。(日本列島の)表土1mが黒土なのは縄文人のなせるわざだと私は考えている。

posted at 06:53:47

11月28日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

前二者の内壁には(古い)溶岩の断面が露出するが、後者の内壁にはまったく露出しない。浸食でできた穴と堆積でできた穴の違い。できた時期は、
300年前 第一火口
3000年前 第二火口
1万3000年前 第三火口

posted at 16:51:40

2023年11月27日(月)20 tweetssource

11月27日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

タモリステーションの番組概要にこうある。
「実は今年に入って、宝永火口にある側火山“宝永山”の地層をくわしく調べたところ、当初考えられていたよりも宝永噴火の噴出量が甚大であることが明らかになったのです。研究者たちも驚いた新事実とは、いったい…!?」
www.tv-asahi.co.jp/tamori-station/

posted at 06:09:50

11月27日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

赤土(ローム)は、富士山の噴火で火山灰がそこに届くことがなかったことを示す地層。毎春の風塵堆積で積もった。春一番で裸地から草地に砂ぼこりが移動してできた。堆積速度は0.1mm/年。

posted at 07:36:44

11月27日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

自動録画されていたので再生してみた。なんだ、タモリが、「降り積もった山が火口の東側にだけあって西側にないのはおかしい」て正しく突っ込んでるじゃないか。その通りだ。富士山の山腹噴火でできたスコリア丘はすべて火口の西側にも(少し小さめではあるが)山体を形成してる。その説はおかしい。 twitter.com/HayakawaYukio/

posted at 15:06:03

11月27日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

藤井さん、30年おきに噴火してたのが300年噴火してないから(そろそろ、そして大規模になりそう)と言うが、1707年噴火の前の噴火は11世紀だ。そこでは500年休んでた。あと200年休んでもいいのではないか。

posted at 15:28:29

11月27日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

それから、期間を認識した噴火回数で割って富士山が30年おきに噴火してたと単純計算するのはよくない。噴火回数の数え方が問題だし、堆積物で確認できない噴火もあった。富士黒土層(FB)の時代(須走a期、8000年前から5600年まで)は爆発的噴火をほとんどしなかったようだ。

posted at 15:32:16

11月27日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

京王電鉄は除灰カートを3台購入して備えているそうだ。線路に積もった火山灰をヘラとブラシで取り除く。富士山噴火に備えたのだろうが、先に浅間山噴火で使うことになりそうだ。

posted at 15:47:27

11月27日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

5億立方メートルの火山灰を除去しないと生活が立ちいかないと藤井さんは言うけど、それは1707年12月噴火と同規模だったときの話。次の噴火はたぶんその1/1000。そして、当面は道路に降り積もった火山灰だけ除去すれば済む。

posted at 15:59:49

11月27日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

タモリステーション、90分ぜんぶ見た(CMは飛ばして)。細部にいくつか難があったが、全体としてはよい火山防災番組だったと思う。

posted at 16:07:14

2023年11月26日(日)15 tweetssource

11月26日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

M3.0地震、それから前日のM3.4地震は、グリンダビクからずいぶん離れたところで起きました。単純に、離れているから同じダイクではない、マグマが貫入した証拠はない、と考えただけでしょう。私もそう思います。アイスランドは海嶺が陸に上がったところです。常に東西方向の引張り力が働いています。 twitter.com/YukaOgura/stat pic.twitter.com/8PxYZwaJ9D

posted at 06:40:43

11月26日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

1707年12月噴火で火山灰が江戸に10ミリ積もった。1ミリで運行停止ならそうなったであろう。ただし、平均的な富士山噴火では東京の積灰はその1/1000だ。つまり0.01ミリだ。運行停止にはならない。浅間山の2009年2月2日噴火で立川に0.01ミリ(10g/m2)積もったが運行停止にはならなかった。 twitter.com/wasevianser/st

posted at 07:26:25

11月26日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

桜島がドカンとやってドカ灰が積もると100g/m2程度。0.1ミリだ。鹿児島市と近郊を通る鉄道がそれで運行停止になったとはあまり聞かない。

posted at 07:30:31

11月26日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

東京に火山灰がもし1ミリ積もったら、その噴火が富士山であろうと、浅間山であろうと、麓の街は東京の1000倍以上ひどいことになっている。

posted at 07:35:04

11月26日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

東京に火山灰が1ミリ以上積もったのは、次の9回のみ。
2300年前 湯船第二スコリア
3000年前 砂沢スコリア
3000年前 大室スコリア
3140年前 大沢スコリア
3400年前 仙石スコリア
4600年前 R2スコリア
4800年前 R1スコリア
8万6000年前 吉岡スコリア
hayakawayukio.jp/database/index

posted at 17:00:29

11月26日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

東京の地表近くに厚く堆積している関東ローム層が富士山の噴火で積もったとする通説は大間違い。富士山にそんな力はない。ローム層は、火山が噴火してなかったときに毎春すこしずつ積もったもの。春先の強風で巻き上げられた土埃が草地に落ちた。堆積速度は0.1ミリ/年。

posted at 17:09:05

このページの先頭へ

×