情報更新

last update 02/23 21:20

ツイート検索

 

@HayakawaYukio
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

Stats Twitter歴
5,221日(2009/11/09より)
ツイート数
175,621(33.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2023年11月27日(月)20 tweetssource

11月27日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

タモリステーションの番組概要にこうある。
「実は今年に入って、宝永火口にある側火山“宝永山”の地層をくわしく調べたところ、当初考えられていたよりも宝永噴火の噴出量が甚大であることが明らかになったのです。研究者たちも驚いた新事実とは、いったい…!?」
www.tv-asahi.co.jp/tamori-station/

posted at 06:09:50

11月27日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

赤土(ローム)は、富士山の噴火で火山灰がそこに届くことがなかったことを示す地層。毎春の風塵堆積で積もった。春一番で裸地から草地に砂ぼこりが移動してできた。堆積速度は0.1mm/年。

posted at 07:36:44

11月27日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

自動録画されていたので再生してみた。なんだ、タモリが、「降り積もった山が火口の東側にだけあって西側にないのはおかしい」て正しく突っ込んでるじゃないか。その通りだ。富士山の山腹噴火でできたスコリア丘はすべて火口の西側にも(少し小さめではあるが)山体を形成してる。その説はおかしい。 twitter.com/HayakawaYukio/

posted at 15:06:03

11月27日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

藤井さん、30年おきに噴火してたのが300年噴火してないから(そろそろ、そして大規模になりそう)と言うが、1707年噴火の前の噴火は11世紀だ。そこでは500年休んでた。あと200年休んでもいいのではないか。

posted at 15:28:29

11月27日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

それから、期間を認識した噴火回数で割って富士山が30年おきに噴火してたと単純計算するのはよくない。噴火回数の数え方が問題だし、堆積物で確認できない噴火もあった。富士黒土層(FB)の時代(須走a期、8000年前から5600年まで)は爆発的噴火をほとんどしなかったようだ。

posted at 15:32:16

11月27日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

京王電鉄は除灰カートを3台購入して備えているそうだ。線路に積もった火山灰をヘラとブラシで取り除く。富士山噴火に備えたのだろうが、先に浅間山噴火で使うことになりそうだ。

posted at 15:47:27

11月27日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

5億立方メートルの火山灰を除去しないと生活が立ちいかないと藤井さんは言うけど、それは1707年12月噴火と同規模だったときの話。次の噴火はたぶんその1/1000。そして、当面は道路に降り積もった火山灰だけ除去すれば済む。

posted at 15:59:49

11月27日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

タモリステーション、90分ぜんぶ見た(CMは飛ばして)。細部にいくつか難があったが、全体としてはよい火山防災番組だったと思う。

posted at 16:07:14

このページの先頭へ

×