情報更新

last update 02/24 15:39

ツイート検索

 

@HayakawaYukio
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

Stats Twitter歴
5,221日(2009/11/09より)
ツイート数
175,637(33.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2010年04月16日(金)8 tweetssource

4月16日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

アイスランドの火山の4月14日の噴火映像 ow.ly/1z1Qn これまでの穏やかなストロンボリ式とは明らかに違った激しい爆発的噴火です。噴煙が空高くまで上昇しています。ヨーロッパ各地で空港が閉鎖されているようですが、2-3日以内に平常化するのではないか。

posted at 05:55:45

4月16日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

火山灰は燃えカスではなく細かな石の粉ですから、飛行機のジェットエンジンに吸い込まれると、溶けてエンジンにこびりついて機能不全にします。過去に、エンジン4基すべてが停止して墜落寸前に陥ったジャンボジェットがありました。幸い1基回復してかろうじて着陸した。

posted at 05:58:57

4月16日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

報道によると、噴煙の高さは16キロだという。ヘクラ火山のH3やH4などと似た噴火が起こったとみられる。アイスランドでは、割れ目から玄武岩溶岩がジャージャー流れる噴火が基本だが、高い噴煙柱から軽石を降らせる爆発的噴火もときどき起きる。14日の噴出物が玄武岩か流紋岩かに興味がある。

posted at 06:11:58

4月16日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

成層圏への火山灰の注入は数日以内に収まるだろうが、火山ガスの放出は数ヶ月続く。1783年6月のラカギガル火山の噴火は、ヨーロッパに悪天候をもたらし、最終的にはフランス革命でマリー・アントワネットの首をはねるまでに至った。誇張ではあるが、火山の力の強さをを伝える逸話だ。

posted at 06:31:57

4月16日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

アイスランドのこの程度の噴火でヨーロッパの航空網が機能マヒしている状況を是認するなら、振り返って1986年11月の伊豆大島や2000年8月の三宅島の噴火のときの対応はきわめてずさんだったということになる。

posted at 19:47:52

4月16日

@HayakawaYukio

早川由紀夫@HayakawaYukio

じっさい、2000年8月の三宅島噴火のときに外国航空機のエンジンにトラブルがあったことが、何年もあとに外国から情報として入った。日本ジャーナリズムの力量に疑いをもった瞬間だった。

posted at 19:49:48

このページの先頭へ

×